SNSで最新情報をチェック

74年も前から売られる、軽井沢の天然氷を使ったかき氷は“甘すぎない”おとな味で、ここでしか食べられない!

東京から往復約400km。人と地球に優しい相棒と向かった老舗・和菓子屋。その人気かき氷のお味とこだわり、背景にあった“美味しい歴史”とは?

文/竹岡圭、撮影/奥隅圭之
supported by 三菱自動車[PR]

「人と地球に優しい」相棒とともに軽井沢×人気かき氷店へ

PHEVって、まだ聞き慣れない名前ですよね。EV=電気自動車。HV=ハイブリッドカー。ここまでは、だいぶ浸透してきたような気もしますが、PHEVの『P』はプラグインの『P』なのです。つまり外部から充電できるHVのことを言うんですよね。

◆人と地球に優しい!? エクリプスクロスPHEVとは?

だったらPHVで良くない? と言いたくもなりますが、三菱 エクリプスクロスPHEVが、わざわざそう名乗っているのには理由があります。EV+HVでHEV。これにプラグインをつけてPHEVという名前にしたのは、電気モーターで走れる領域がかなり広いから。つまり電気自動車に近い、外部からも充電できるハイブリッドカーなのです。

夏季限定で天然氷を使ったかき氷を提供する老舗和菓子店「ちもと総本店 軽井沢本店」。エクリプスクロスPHEVと“音もなく”到着。モーター駆動ならではの静かさもまた良い

ちなみに今回は軽井沢までお出かけしたのですが、東京から往復で約400kmのうち、60%はEVとして走っていました。SUVですから、ボディも大きいし、重たいし、なのに半分以上電気モーターで走れちゃうわけですから、こだわりを持ってPHEVと名乗りたくなる気持ちも理解できますよね。

そんなエクリプスクロスPHEVのスゴイところは、停まっている時も人の役に立ってくれること。クルマですから走ることで人の役に立つのは当たり前なんですけれど、停まっている時も大きく人の役に立つ。その詳しい魅力は下記の記事にわかりやすく解説しておりますので、是非そちらをご覧くださいね。

ここでしか食べられない! 老舗和菓子店のNo.1かき氷は“甘くない”宇治金時

さて、サラリと軽井沢までお出かけと書きましたが、今回軽井沢を目的地にしたのは、ちゃんと理由がありました。まずは、暑い東京を抜け出して涼みたいという欲求。続いて、適度なロングドライブで、その実力を見てみようという探求心。そして、なんといっても真の目的は「軽井沢でしか食べられないかき氷を食べる♪」という欲望でございます! 

初夏の声を聞くと「かき氷はじめました」的な、幟がはためく光景が見られたりしますが、ここでしか食べられないかき氷と言われたら、食べてみたくなるのが人の常ってもの。首都高~外環道~関越道~上信越道と走り、碓井軽井沢インターチェンジ(IC)で下車。軽井沢プリンスアウトレットを素通りしつつ、旧軽井沢銀座へと向かいます。

旧軽井沢銀座をだいぶ上ったところ、有名どころでいえばつるや旅館のあたりになりますか。昔はこのつるや旅館の向かい側くらいにお店があったそうですが、いまはちょっと手前に移った「ちもと総本店」が今回の目的地です。ここに軽井沢の天然氷で作ったかき氷があるんですよね♪

えっ!? 天然氷のかき氷って他でも聞いたことあるよ? というそこのアナタ。確かにそうでしょう。でも、ちもと総本店のかき氷はちょっと違います。氷もそうですが、かかっているものが違う。老舗のお菓子屋さんならではのこだわりの味なのです。

ちもと総本店 軽井沢本店の人気かき氷No.1『宇治金時』(880円)

いちばん人気は「宇治金時」。この宇治、つまり抹茶は「京都にある、宇治茶の開祖と言われるカンバヤシさんの抹茶を使っています。その抹茶を、注文をいただいてから、一煎ずつ点(た)ててかけています。金時は甘すぎないように合わせて、ウチで煮て作ったものです」と、ちもと総本店の吉田裕代表。

たしかにお抹茶はかなり渋め。あんこもかなり控えめな甘さなので、全体的にサッパリ。宇治金時というと、もっと甘さが口に残る感じを想像していたので、夏ならもっとサッパリしそうな、夏みかんやライム、みぞれのほうが人気高そうなのになぁ、なんて思っていたのですが、宇治金時がいちばん人気というのも納得できる、後味スッキリのお味でした。

ちなみに、ちもと総本店が軽井沢にお店を出してから74年経つそうですが、昔からのお客様はメニューも見ずに宇治金時を注文なさるんだそうですよ。

次のページ
続く人気かき氷の2位&3位は「宇治“ミル...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...