MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
NIHONBASHI BREWERY.(イタリアン/人形町)|ここでしか味わえない日本橋限定のクラフトビール

NIHONBASHI BREWERY.(イタリアン/人形町)|ここでしか味わえない日本橋限定のクラフトビール

人形町の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!ぜひ試してほしいのが、米国で定評あるポートランドのオーガニックブルワリーがこの店のためにレシピを考案したというクラフトビール「NIHONBASHI IPA」。心地よい苦みとフルーティなテイストはどんなつまみにも合う傑作だ。

NIHONBASHI BREWERY.(最寄駅:人形町駅・馬喰横山駅)

そんな自社製品を看板に国内外のクラフトを揃え、朝採れの三浦野菜など食材を厳選した料理と共に提供してくれる。全粒粉を打ち粉に使って香ばしさを際立たせたピザや、30㎝はあろうかという自家製ソーセージなど、ダイナミックでリーズナブルな味わいにも感動。来年には界隈でビール造りができるよう準備中だそうで、“メイドイン日本橋”ビールも待ち遠しい。

オクラと大葉のジェノベーゼピザ
1180円

約350℃の窯で焼くピザは生地の打ち粉に全粒粉を使い、独特の風味と食感になっている。大葉を使ったジェノベーゼにオクラをトッピングして和のテイストをプラス。
岩中豚のソーセージは特注の極粗挽き肉を使った自家製。目を見張る大きさに思わず歓声が上がる。
定番のポテサラは半熟玉子が丸ごと1個のる。

岩中豚の手締めソーセージ
1180円

とろけるポテサラ
580円

NIHONBASHI IPA
980円

ラザニア(昼・おかわり自由の前菜と野菜ジュース付き)
1150円

ラザニアはランチ限定。パスタの層の間には三浦野菜がゴロゴロ入ったトマト煮込みのソースがたっぷり

NIHONBASHI BREWERY.

[住所]東京都中央区日本橋富沢町10-13 &WORK NIHONBASHI 1階
[TEL]03-6231-0226
[営業時間]11時半~23時(ランチ14時LO、夜メニューは17時~)、日11時半~22時(21時LO) ※ランチタイム有
[休日]不定休
[座席]カウンター16席、テーブル26席 計42席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サなし、夜と土・日・祝の14時からチャージ350円別
[アクセス]都営新宿線馬喰横山駅A3出口から徒歩5分、都営浅草線ほか人形町駅A4出口から徒歩10分

電話番号 03-6231-0226
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お腹がgooと鳴れば料理がgoodなgooへgo。誌面で遊んでる訳じゃございません。
東京都清瀬の契約牧場で深夜に搾られた生乳を、その日の朝にチーズ職人が店舗で加工して提供。鮮度抜群のフレッシュチーズは、さっぱりしつつもコクがあり、ミルク感がたっぷりの上質な美味しさ。
「ランチでもリストランテで食事をする醍醐味を感じて頂きたい」と、馬場正人さん。例えばフォカッチャは営業開始時間に合わせて焼きたてを。
古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt