×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

『鮨〇△(すしまるさんかく)』 @渋谷

上質な旬のネタが盛り込まれたおまかせがお値打ち

約10年間、予約制のおまかせコースのみでやってきたが、コロナ禍を経て、立ち食い寿司にリニューアル。

店主の杉浦秀樹さんが「どんな寿司店に行きたいか?」と立ち返って考えたとき、好きなお寿司を少しずつ食べたいという結論に至ったという。

入りやすい雰囲気になったからか、お客さんの幅が広がり、回転もよくなり、前より高級なネタも仕入れられるようになったそう。その醍醐味を味わうなら、やはりおまかせ。

10貫2500円でも十分リーズナブルだが、ランクが上がるごとによりお得感が増す。とくに、SSSはウニ、本マグロのトロ、イクラの3種入り。

おまかせSSS 3500円 ・赤身・中トロ・いくら・うに・黒ムツ 下左から・スズキ・コハダ・甘エビ・アジ・ヒラマサ

『鮨〇△(すしまるさんかく)』おまかせSSS 3500円 上左から・赤身・中トロ・いくら・うに・黒ムツ 下左から・スズキ・コハダ・甘エビ・アジ・ヒラマサ ウニ、中トロ、イクラ以外は日替わり、出汁ゼリーでいただく冷たい茶碗蒸し、お椀付き

口中でほろりと崩れる、赤酢がほんのり効いたシャリも絶妙だ。さらに見逃せないのが、ランチ。握り10貫に巻物3切、茶碗蒸しも付いて2000円。SSSでも10貫2700円なんて聞いたら、もう行くしかないでしょ。

『鮨〇△(すしまるさんかく)』

[住所]東京都渋谷区円山町1-18 峯ビル1階
[電話]080-7518-0118
[営業時間]12時~14時半(14時15分LO)、18時~23時(22時半LO)
[休日]月
[交通]JR山手線ほか渋谷駅ハチ公口から徒歩8分

『あて鮨 喜重朗』 @立川

趣向を凝らした新感覚のアテ鮨で日本酒が止まらない!

立川の人気居酒屋「あてまき 喜重朗」の新たな挑戦がこの『あて鮨』。一軒目は酒のアテになる巻物だったが、今回はアテになる鮨。

例えば、キャビアがトッピングされたホタテは、粒々の食感とともにほどよく広がる塩味がいい。口に運ぶと、ふわっと漂うトリュフの香りと脂ののったサーモンがマッチする。ネタの持ち味を消すことなく、塩味や旨みのさりげない足し引きが見事だ。

あて鮨3点盛 980円・キングサーモンのトリュフのせ・スマガツオの薬味醤油がけ・帆立のキャビアのせ

『あて鮨 喜重朗』 980円(手前から)・キングサーモンのトリュフのせ・スマガツオの薬味醤油がけ・帆立のキャビアのせ。8種類ほど揃うアテ鮨から好きなものを3貫選べる。紙メニューに記載はなく、黒板に書いてあるので注文時は要確認

こういったユニークな発想は、「アテ巻き 喜重朗」のオーナーが18年以上海外で和食に関わっていたという経験がベースになっているとか。

アテ鮨というだけあり、確かに日本酒を飲まずにはいられない。辛口からフルーティーなど幅広く揃い、五勺600円から飲めるのもうれしい。お店は、駅北口に2021年12月にオープンしたフードコート「GALERA TACHIKAWA」にあるため、はしご酒できるのも魅力だ。

『あて鮨 喜重朗』

『立ち鮨 あじ平亭』 @蒲田

本物の寿司を限界価格に抑えてカジュアルに!

和気あいあいとした雰囲気重視の格安立ち食い寿司かと思いきや、一度食べるとネタの質の高さに驚く。この日の「おきまり鮨 上」に入るダルマイカは肉厚でやわらかく、細かく包丁が入れられて甘みがぐっと増している。

おきまり鮨 上 1870円 巻物:鉄きゅう ・いくら・ダルマイカ・コハダ・蒸し海老・玉子・ブリ・赤身・ヒラメ・中トロ

『立ち鮨 あじ平亭』おきまり鮨 上 1870円 巻物:鉄きゅう 上左から・いくら・ダルマイカ・コハダ・蒸し海老 下左から・玉子・ブリ・赤身・ヒラメ・中トロ お客さんやネタの状態に合わせて、その都度変えるという包丁の入れ方が見事。日本酒は1合600円

そして、名物でもある蒸しエビは試行錯誤の末に完成したレア感が旨い!また、一貫200~300円台が中心の低価格なのは、和食店から立ち飲みまで幅広いジャンルの24店舗を営んでおり、仕入れた魚を適材適所に分配できるから。

さらに、横浜中央卸市場でセリに参加できる売参権を持ち、市場内に加工場があるため下処理をまとめて行えるのも強みだ。

「本物の寿司を気軽に楽しく味わえる、スーパーカジュアル寿司エンターテインメントを目指しています!」とは、寿司職人の山本翔馬さん。ピーク時には外で待つ人もいる人気ぶりで、リピーターが多いのも納得!

『立ち鮨 あじ平亭』

[住所]東京都大田区蒲田5-21-7 並木ビル1階
[電話]03-6715-8111
[営業時間]17時~23時(主に水・土の週2回は18時~24時半、変更の場合あり)
[休日]月
[交通]JR京浜東北線ほか蒲田駅東口から徒歩4分

『築地 すし兆』 @築地

築地界隈で、最も勢いのある立ち食い寿司ではなかろうか。週末はもちろんのこと、平日でも店先には並びの列が出来ていたりする。理由はもちろんネタの良さとそのお値段。

イカのヅケや、マグロのたたき、真いかといった88円の最安ネタでも、きちんと舌を満足させてくれるし、さらにその上の握りに手を伸ばせば「このネタをこの値段で!?」と目の前に立つ職人さんに拍手を送りたくなる。

実はこちらを運営するのが、首都圏にテイクアウト店を展開する「ちよだ鮨」なのだ。大手チェーンが培ってきた仕入れの強みが、このネタケースに集約されていると言っていい。

超特撰・すし兆 2079円 ・大トロ・真鯛・ヅケマグロ・子持ち昆布・アジ 前列左から・甘エビ・ウニ・いくら・煮穴子・玉子焼き

『築地 すし兆』超特撰・すし兆 2079円 後列左から・大トロ・真鯛・ヅケマグロ・子持ち昆布・アジ 前列左から・甘エビ・ウニ・いくら・煮穴子・玉子焼き ヅケや煮穴子など手間をかけたネタも入る。ほの甘いツメがトロリの煮穴子はふんわりした口当たりも最高だ

ウニの澄んだ甘みに、香りもコクも強い本鮪に、訪れたかいがあったと必ず思う。お決まりは「おまかせ盛・月島」の869円~で、夜だって、お好みでつまんでちょこっと飲んでも3千円ほど。これなら財布を気にせず週に何度も通えそう。

『築地 すし兆』

[住所]東京都中央区築地3-10-9
[電話]03-6226-5422
[営業時間]11時〜22時(21時半LO)、日・祝〜21時(20時半LO)
[休日]無休
[交通]地下鉄日比谷線築地駅1番出口から徒歩1分

撮影/西崎崎也(立ち食い鮨 鮨川)、大西尚明(鮨 ブルペン、立喰 鮨となり、あて鮨 喜重朗、築地 すし兆)、竹崎恵子(鮨〇△、立ち鮨 あじ平亭)、取材/肥田木奈々(立ち食い鮨 鮨川、鮨 ブルペン、立喰 鮨となり)、井島加恵(鮨〇△、あて鮨 喜重朗、立ち鮨 あじ平亭)、菜々山いく子(築地 すし兆)

※2022年9月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
icon-prev 1 2
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…