SNSで最新情報をチェック

チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介。今回もひとり旅でのお話。富山ブラックとチャーハンの相性を探りました。

画像ギャラリー

ふと、富山へ行きたいと思った。お盆もずっと仕事をしていたし、1日くらい休んでもバチは当たらないだろう。お盆明けの日曜日、遅めの夏休みをとって富山へ向かって車を走らせた。

道の駅『細入』にて
道の駅『細入』にて

富山といえば、富山湾産のノドグロやブリ、白エビ、ホタルイカなどの魚介だろう。国道沿いにある回転寿司店でも十分旨い。もう頭の中は寿司のことで頭が一杯に。富山に着いたら絶対に寿司を食べようと心に決めていた。

富山県へ入ったのは、11時頃。まだ時間が早いので、岐阜と富山の県境にある道の駅「細入」で休憩をすることに。道の駅に併設の物産センターをブラブラしていたら、あるお土産物が目に飛び込んできた。

それは、富山ブラックガツンと濃厚な味わいの漆黒のスープで味わう、富山のご当地ラーメンである。筆者は仕事とプライベートと合わせて3、4回くらいは食べたことがある。が、濃い味が大好きな名古屋人である筆者でさえ、あまりの濃さに辟易するほど。でも、なぜかまた食べたくなるのが富山ブラックの魅力なのだ。

「元祖」と「ヤング」、2種類の醤油ラーメン

ついさっきまで寿司を食べようと思っていたのに、完全に頭の中は富山ブラック一色に。富山ブラックはライスと一緒に食べるのが地元のスタイルだが、そういえばメニューにチャーハンがある店は聞いたことがない

『ダルマヤラーメン 新庄店』外観
『ダルマヤラーメン 新庄店』外観

スマホに「富山ブラック チャーハン」と入力してググってみたら、何軒かヒットした。そのひとつが富山市上飯野2丁目にある『ダルマヤラーメン 新庄店』である。

12時すぎに到着すると、日曜日ということもあって、駐車場はほぼ満車。隅の方に空いているスペースを見つけてすべり込んだ。駐車場の車を見ると、ほとんど富山ナンバー。地元の人が食べに来る店のようで期待できる。店内は満席だったので外で席が空くのを待つことに。

ラーメンのメニュー。醤油以外に味噌や塩なども用意
ラーメンのメニュー。醤油以外に味噌や塩なども用意

10分ほど待ったところでカウンター席に案内された。で、メニューはこれ。醤油ラーメンは、「元祖」と「ヤング」(各700円)の2種類あり、違いは味の濃さ。後者が富山ブラックのようなので、「ヤング」を注文。メニューの写真を見ると、真っ黒なスープに食べ応えのありそうなチャーシューがドーン。これ1杯で満腹になりそうだが、チャーラーの旅ゆえにチャーハンも食わねば。

メニューの裏面。ご飯ものやおつまみも充実している
メニューの裏面。ご飯ものやおつまみも充実している

メニューの裏面にはサイドメニューとドリンクが。「チャーハン」は500円で「ミニ(半)チャーハン」は400円。たった100円の差ならば、並を選びたくなるが、ラーメンの量が多そうなのでミニを選択した。

次のページ
ラーメンとチャーハン、それぞれの味が口の...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...