SNSで最新情報をチェック

Hi-STANDARD/NAMBA69(ハイスタンダード / ナンバシックスティーナイン)の難波章浩さんによる「なみ福プロジェクト」の短期連載がスタート。プロジェクト立ち上げからお店のオープンまで、難波さんはじめプロジェクトメンバーによる歓喜と苦悩の日々に迫ります。

画像ギャラリー

難波さんの人生に欠かせない、新潟『楽久』のラーメン

札幌ラーメン、喜多方ラーメン、長浜ラーメン、富山ブラック……地元で愛されるラーメンが数ある中、新潟は「新潟あっさり醤油」「新潟濃厚味噌」「燕背脂」「長岡しょうが醤油」の4大ラーメンを有する

その中のひとつ「新潟あっさり醤油」を牽引する名店『楽久(らっきゅう)』こそ、難波章浩さんがラーメン屋を開くきっかけになっている

それにしても、伝説的ロックバンド「Hi-STANDARD」のボーカル/ベースを務め、現在は、NAMBA69のフロントマンとしても活動している難波さんがなぜラーメン屋を? と思った人も多いハズ。

難波章浩さん
難波章浩さん

難波さんは生まれが東京ながら、小学校のときお父さんの出身地・新潟に移住。高校卒業後に上京するも、Hi-STANDARDの活動休止後、沖縄を経て、2009年新潟へUターンした。

『楽久』には、前身の店に小学生の頃から通っていて、『楽久』になってからも帰省の度に食べては、Uターン後もツアーから戻ってきたらまず最初に食べに行った。それほどまでに愛するお店である。

「僕はいつも応援してくれる方たち、家族、仲間、そして音楽に救われてきました。その中でもうひとつ僕を支えてくれていたのが、『楽久』のあっさりラーメン。とにかくめちゃくちゃおいしい。一番のソウルフードです」

『楽久』のラーメン

黄金色に透き通ったスープをひと口飲むと、丁寧に取られた煮干しのダシの旨みと香りが、口一杯に広がっていく。

細くてコシのある麺は、すするとそののど越しのよさでスープと一体となり、のどをつたう。チャーシュー、メンマ、ネギのスリーピースなトッピングがまた、それぞれの旨みを引き立てる、見事なバランスの一杯だ。

次のページ
女将さんから突然の告白。突き動かされた継...
1 2 3 4

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...