SNSで最新情報をチェック

チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介。前回からのひとり旅の続き。富山に抜ける途中に立ち寄った岐阜・高山でのお話です。

画像ギャラリー

前回、富山ブラックとチャーハンを紹介したが、今回はその続き。富山へは、高速道路を使わず下道を使ってのんびりと旅をした。

自宅から富山までのルートは、愛知県内を南北に走る国道41号線をひたすら北へまっすぐ。温泉が有名な下呂市や古い町並みが残る高山市を抜けると富山県に入る。

岐阜・高山でチャーラーの店探し

富山県で高岡大仏や射水神社などで観光を楽しんだ後、ふと、岐阜県高山市のご当地ラーメン、高山ラーメンが頭に浮かんだ

鶏ガラに魚介のダシを加えた和風のスープが恋しくなり、富山からの帰りに立ち寄ろうと決めた。せっかくならこれもチャーラーの旅にしたいと思い、「高山ラーメン チャーハン」で検索。

『中山中華そば』外観
『中山中華そば』外観

数こそ少ないものの、何軒かヒットした。その中からおいしそうと思った店へ行ってみることに。それが『中山中華そば』だ。国道41号線沿いの高山市内中心部からやや離れた場所にあるので、地元の人がメインの店かもしれない。

看板には「中山の中華料理 飛騨のけいちゃん」とあった。中華料理となると、当然チャーハンはあるだろうが、問題はラーメンである。高山ラーメンではない可能性もあるからだ。となると、チャーラーの企画としてボツになることも考えられる。でも、ここまで来たからには行くしかない。

店の看板。かなり目立っていた
店の看板。かなり目立っていた

あ、ちなみに「けいちゃん」というのは、岐阜県の南飛騨や奥美濃の郷土料理で、醤油や味噌をベースとした自家製のタレに漬け込んだ鶏肉をキャベツなどの野菜と一緒に炒めたものである。こちらはまた別の機会に。

店内に入ると、家族連れとカップルばかりでほぼ満席。1席だけ空いていたカウンター席に案内された。ふと、店内に目をやると、ちょうど本日のおすすめメニューが中華そば(並)とチャーハンの「チャーハンセット」(950円)だった。通常は1000円なので、50円引きで食べられるということだ。

本日のおすすめメニュー
本日のおすすめメニュー

迷うことなく注文し、カウンター席から厨房をチェック。店はご夫婦で切り盛りしているようで、調理はご主人が、盛り付けと配膳は奥様が担当しているようだ。チャーハンは注文を受けるごとに中華鍋を振って作っていた。

次のページ
これは中華料理店のラーメン? それとも高...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...