×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

筆者は愛知県在住。アクセスの良さから関西、とりわけ大阪への出張は多い。“食い倒れの街”といわれるだけに、大阪出張の楽しみはやはり何といっても「食」である

とはいえ、たこ焼きやお好み焼き、きつねうどんなどの粉もんはこれまで飽きるほど食べた。となると、チャーラーしかない。

筆者はラーメンマニアではないので、大阪のラーメン事情はまったく知らない。でも、せっかくなら、有名な店に行きたい。スマホに「大阪 ラーメン」と入力して検索すると人気のラーメン店はヒットするものの、その店にチャーハンがあるとは限らない。そこで、「大阪 チャーハン」でググってみた。

店員さんたちの丁寧な仕事ぶり

すると、地下鉄谷町線または堺筋線の天神橋筋六丁目駅、通称“天六”からほど近い『総大醤』という店がヒットした。何でも、テレビ番組のチャーハン特集で関西のチャンピオンに輝いた他、webメディアが発表した大阪のチャーハンランキングでも1位。これはもう行くしかない!

『総大醤』外観。店の前には行列ができていた
『総大醤』外観。店の前には行列ができていた

店に到着したのは、19時すぎ。店の前には7、8人が空席を待っていた。その列に筆者が加わった後も客がどんどん増えていった。やはり人気店なのだ。ふと、店の横にあるプレハブ小屋に目をやると、そこは製麺スペースのようだ。ということは、自家製麺ということか。チャーハンだけではなく、ラーメンも期待できそうだ。

30分ほど待って、ようやく店内に案内された。店内はすべてカウンター席。見上げると、おびただしい数のサイン色紙が飾られていた。芸能人やお笑い芸人、スポーツ選手などが来ているようだ。

厨房奥に貼ってあるメニュー
厨房奥に貼ってあるメニュー

さらに、厨房奥に目をやると、メニューが貼ってあった。デフォルトの「黒大醤」が850円で、「焼き飯」が500円。巷の中華料理店と比べれば高く感じるが、ラーメン専門店なのでこんなものだろう。

厨房奥に貼ってあるメニュー
厨房奥に貼ってあるメニュー

卓上のメニューには、セットの記載もあった。ラーメン(黒大醤)+焼き飯の「焼き飯セット」は1300円セットで注文すると50円引きになるというわけだ。ということで、迷わず注文。

筆者の席からは調理風景がよく見える。ガンガンに熱した中華鍋に溶き卵とご飯、具材を投入し、リズミカルに振る。調味料は目分量ではなく、きっちりと量っていることもわかった。丁寧な仕事ぶりはラーメンも同様だった。店員さんの一つひとつの所作が美しく、いつまでも見ていられる。

次のページ
関西チャンピオンの実力はいかに?...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

永谷正樹
永谷正樹

永谷正樹

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…