SNSで最新情報をチェック

チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介。セットのチャーハンの美味しさに疑問を感じた永谷さんが向かったのは、愛知・一宮にあるチャーハン専門店のチャーラーでした。

画像ギャラリー

チャーラーの旅を続ける中で気が付いたことがある。それは、セットのラーメンは大きなハズレがないということ。ラーメン店の場合、ラーメンがメインなので旨いのは当たり前だ。中華料理店でもシンプルな醤油ラーメンがマズイなんてことはほとんどない。おっと、それはちょっと言い過ぎたかな。美味しくはないけど、食べられるというレベルね。

本当に美味しいチャーハンが食べたい

その一方、チャーハンに関しては違う。きちんと作っていないチャーハンがいかに多いことか。ラーメン店にとってはサイドメニューにすぎないし、中華料理店でも利益の少ないセットメニューのひとつである。チャーハンは力を入れるべきメニューではないかもしれない。

しかし、そんなことは客にとって関係ない。お金を払った以上は美味しいチャーハンが食べたい。そこで、チャーハンに定評がある店の記憶を辿り、愛知県一宮市にある『チャーハン専門店 金龍』に行き着いた。ここには何度も食べに行っている。たしかサイドメニューにラーメンもあったはずだ。ってことで、今回は、チャーハン専門店のチャーラーをレポートする。

『チャーハン専門店 金龍 一宮森本店』外観。駐車場は10台完備
『チャーハン専門店 金龍 一宮森本店』外観。駐車場は10台完備

『チャーハン専門店 金龍』は、2020年の6月に名鉄名古屋本線妙興寺駅の近くに第1号店の一宮妙興寺店を開店(現在は、蟹チャーハン専門店『蟹チャーハン紅龍』として営業)。そして、2021年2月には一宮森本店をオープンさせた。今回は、その一宮森本店へ向かった

チャーハンは、ガツンと豚の旨みが口の中で弾ける「金の豚チャーハン」(並盛600円)の他、具材が卵のみ、味付けは塩のみのシンプルな「すっぴん」(並盛450円)や、夜限定でひつまぶしのように薬味やダシ汁で味変が楽しめる「龍の鶏チャーハン」がある。この3種類のチャーハンを基本に季節限定のチャーハンも数種類用意している。

次のページ
メインでもおかしくはないサブメニュー...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...