SNSで最新情報をチェック

チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介。今回は永谷さんがチャーラーを食べ歩くきっかけとなった店に伺いました。

画像ギャラリー

私がチャーラーの旅の旅人になったのは、2019年2月。拙ブログ『永谷正樹、という仕事。』で食べ歩きのレポートをはじめたのがちょうど3年前である。当時、テーマとして掲げたのは、「子供の頃に食べた思い出の味」だった。

チャーラーにハマるきっかけを作った店

ところが、食べ歩きをしているうちに、計算し尽くされたチャーハンとラーメンの相性や交互に食べたときに生まれる味の掛け算などチャーラーの奥深さにすっかりとハマってしまった

そのきっかけとなったのが名古屋市中村区にある『太陽食堂』だ。ここは全国でも珍しいチャーラーの専門店。ここでチャーラーを初めて食べたときの衝撃は凄まじく、どうしても店主に話を聞いてみたくなった。

『太陽食堂』外観

「店を開く前は、父が経営する飲食店を手伝っていて、当時は見よう見まねで中華そばを作っていました。しかし、納得する味ができず、本格的に学ぼうと思い、名古屋市東区の『中華そば 白壁 あおい』で修業をさせてもらいました」と、話すのは店主の前田健さんだ。

ところが、父親が店を任せていた人が辞めることになり、急遽、前田さんが店を継ぐことになった。店をオープンさせるにあたって、前田さんがこだわったのはラーメン店のラーメンではなく、幼い頃に中華料理店や食堂で食べた懐かしい味わいの中華そばだった。

2010年のオープン当初は焼きめしと中華そばの他に味噌らーめんや塩そばも用意していた。とくに味噌らーめんは、メディアで採り上げられて人気を博した。

店主の前田健さん

「すごくうれしかったんですけど、何か違う。僕がやりたかったのはこれだったのか? と自問自答を繰り返しました。モヤモヤした気持ちが続いていたある日、味噌らーめんと焼きめし、塩そばと焼きめしを作って食べてみたんですよ。すると、互いの味を打ち消し合っていて美味しくなかったんです。で、すぐに味噌らーめんと塩そばを販売中止にしました。そこからですね、チャーラーにこだわったのは」

次のページ
それぞれの味を引き立て合う至極の一杯...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...