MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ホルモンもお酒もガッツリ東京都内の“ホルモン酒場”を探してきました!

ホルモンもお酒もガッツリ東京都内の“ホルモン酒場”を探してきました!

東京都内、口福のホルモン酒場4選!焼肉で忘れてはならないのがホルモン! プリッ、コリッとした食感とふんわりジュワッな甘〜い脂身はお酒との相性抜群です。そこで、ホルモンもお酒もガッツリかつ安く楽しめる“ホルモン酒場”を探してきました!

プリッとした食感と甘〜い脂身でお酒が進む、口福のホルモン酒場4選

焼肉で忘れてはならないのがホルモン! プリッ、コリッとした食感とふんわりジュワッな甘〜い脂身はお酒との相性抜群です。そこで、ホルモンもお酒もガッツリかつ安く楽しめる“ホルモン酒場”を探してきました!

ホルモンまさる 三田 (最寄駅:三田駅)

290円からとは思えない
ホルモンの質の高さに大満足


 飲み屋がひしめく慶應仲通りから狭い路地に入り、歩くこと数分。暖簾がたなびく渋い店構えで、いかにも「旨い!」オーラを漂わすこの店が『ホルモンまさる』だ。厳選したホルモンは11種類で290円~。だが、安いといって侮るなかれ。肉厚で旨みたっぷりの「カシラ」(290円)、程よく脂がのりジュワッと弾ける甘みがたまらない「シマチョウ」(590円)など、どれもが驚くほどの質の高さなのだ。さらに「生ビール」(390円)、「チューハイ」(290円)とコスパの良さに涙が出るほど。欲望の赴くままにホルモンを次々と網にのせ、炭火で炙って喰らいつけば至福の時を過ごせる。

カシラとコプチャンの味付けは塩ベース。カシラは特製辛味噌、コプチャンはポン酢を好みで付けても美味。味付けはその日によって異なる場合も

[店の勝負ホルモン]
シマチョウ590円
売れ筋ランキング堂々1位の自慢の逸品。プルプルの脂の甘さが絶品

[その他のメニュー] 焼肉定食980円、牛スジ煮込み定食780円(各税込)など もやしナムル190円、酢もつ390円、シロコロ290円、白レバ390円、エンガワ490円、タン塩990円など。ホルモン11種類1皿290円~

[住所]東京都港区芝5-21-14 [TEL]03-6435-1990 [営業時間]11時半~14時半(売り切れ次第終了)、17時~23時半(23時LO) ※ランチタイム有 [休日]日(月が祝日の場合は日営業、翌月休) [席]1階テーブル4席×7卓、8席×1卓、2階座敷22席 計58席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]都営三田線ほか三田駅A3出口から徒歩約3分

ホルモンナカジ はなれ 南砂町 (最寄駅:南砂町駅)

活気溢れる店内で
香ばしいホルモンを肴に呑める幸せ


 鮮度抜群の国産ホルモンの旨さが評判で連日満席の『ホルモンナカジ』。 その2号店として2016年11月28日にオープン。ズラリと並ぶ単品も魅力的だが、迷うなら「厳選おまかせホルモン盛」がおすすめだ。「小」(1300円)は5 ~ 6種類で約250g、「大」(1800円)は7 ~ 8種類で約350g とボリュームたっぷり。ホルモンの多彩な食感や味が楽しめる。また、忘れてはならないのが名物の「岩ハラミ」(1380円)。約150g のハラミをドーンと1枚使い、炭火でじっくり焼き上げる。少し焦げたくらいが食べ頃で、断面は赤が美しいミディアムレアの仕上がり。その柔らかさ、旨みの深さに大感激!

[店の勝負ホルモン]岩ハラミ1380円

[その他のメニュー]ネギ塩豆腐480円、ハチノス刺し680円、ナンコツ480円、ギアラ580円、上ホルモン780円、タン塩盛合せ1780円など。ホルモン24種類1皿480円~

[住所]東京都江東区南砂7-6-16 [TEL]03-6666-0165 [営業時間]17時~24時 [休日]不定休 [席]カウンター6席、テーブル4席×6卓 計30席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄東西線南砂町駅2a出口から徒歩6分

炭火ホルモン ハルマキ 湯島 (最寄駅:湯島駅)

醤油ベースの
タレが染みた艶プリマルチョウに悶絶


 ホルモン焼きのメニューは牛・豚を合わせて約40種類。赤身肉を扱わないところにホルモンへの愛情と自信の高さが伺える。基本の味付けは塩で、すべて店のお任せ。塩ベースでバターが香る「コリコリ(大動脈)」(600円)、淡泊なハツに網脂を巻き味に奥行きをもたせた「あみはつ」(600円)、軽く燻製を利かせた「ちれ(脾臓)」(550円)など、新たなホルモンの魅力に開眼できる。なかでも「マルチョウ」(700円)はボイルして醤油ベースのタレに一晩漬け、味を染みこませた珠玉の逸品。脂を裏返して中に閉じ込めるので甘み、旨みが凝縮され、衝撃の味わいに笑みがこぼれる。

焼き方は個人の好みだが、表面に焼き色が付いたら食べ頃。焼き過ぎは禁物だ。ホルモンは一切れ単位、ハーフサイズでも注文OKなので、いろいろ試したい

[店の勝負ホルモン]
マルチョウ 700円
ツヤツヤのマルチョウは炭火でじっくり炙り、焦げ目が付いたらパクッといきたい

[その他のメニュー]牛筋煮込み550円、さかいのライスカレー700円、りっぷ550円、ハツ600円、ヤン600円、厚切り牛タン1050円など。ホルモン約40種類1皿550円~

[住所]東京都文京区湯島3-47-8 アイバビル1階 [TEL]03-6803-2941 [営業時間]17時~24時 [休日]日・祝 [席]テーブル4席×2卓、掘りごたつ4席×6卓 計32席/全席喫煙可/予約可/カード可/サ300円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅1番出口すぐ、JR山手線御徒町駅北口から徒歩6分

ホルモン和 押上 (最寄駅:押上駅)

ホルモンの多彩な食感や味に
ハマること必至

 店主の岡本氏は亀戸の名店『初代吉田』で料理長を務めた経歴の持ち主。そんな店主が厳選した牛・豚・鶏の絶品ホルモンをはじめ、刺身、赤身肉、煮込み、〆のご飯物や麺類、もつ鍋まで、バラエティ豊かなメニューが味わえる。色々な部位のホルモンを一度に楽しむなら、「闇盛り」で決まり。小と大があり、大はマルチョウ、ヤン、ギアラなど7~8種類で1550円とかなりお得だ。また、酒類で注目すべきは「輩ハイ」(600円)。ウイスキーをベースに、オリジナルのシロップなどをブレンドしており、甘くて飲みやすいがアルコール度数高め。ホルモンと相性抜群なので、ぜひ。

毎日芝浦から仕入れる牛ホルモンを使用。豚と鶏のホルモンは朝〆で鮮度抜群

[店の勝負ホルモン]
上ミノ 650円
旨みがしっかりあり、サクサクした歯応えも小気味いい

[その他のメニュー]キムチ350円、肉豆腐450円、コムタンラーメン800円、シロコロ490円、ハツ590円、ホルモン650円、中落ちタン680円、ハラミ880円、タンミックス1050円など。ホルモン約30種類1皿450円~

[住所]東京都墨田区押上1-18-6 [TEL]03-6661-8135 [営業時間]18時~24時(23時LO)、土・日・祝14時~23時(22時半LO) [休日]水 [席]1階カウンター4席、テーブル2席×2卓、3席×1卓、4席×4卓、2階カウンター3席、座敷4席×1卓、5席×2卓、半個室5名 計49席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか押上駅A1出口から徒歩6分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1175views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
21026views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt