MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ホルモン和(ホルモン/押上)|ホルモンの多彩な食感や味にハマること必至

ホルモン和(ホルモン/押上)|ホルモンの多彩な食感や味にハマること必至

 店主の岡本氏は亀戸の名店『初代吉田』で料理長を務めた経歴の持ち主。そんな店主が厳選した牛・豚・鶏の絶品ホルモンをはじめ、刺身、赤身肉、煮込み、〆のご飯物や麺類、もつ鍋まで、バラエティ豊かなメニューが味わえる。

ホルモン和(最寄駅:押上駅)

色々な部位のホルモンを一度に楽しむなら、「闇盛り」で決まり。小と大があり、大はマルチョウ、ヤン、ギアラなど7~8種類で1550円とかなりお得だ。また、酒類で注目すべきは「輩ハイ」(600円)。ウイスキーをベースに、オリジナルのシロップなどをブレンドしており、甘くて飲みやすいがアルコール度数高め。ホルモンと相性抜群なので、ぜひ。

闇盛り 大
1550円

この日はマルチョウ、ハツモト、ホルモン、ギアラ、ヤン、コブクロ、シロコロ。内容は日替わり。小は6種類くらいで1050円。味付けは塩かタレが選べる(写真はタレ)

上ミノ
650円

旨みがしっかりあり、サクサクした歯応えも小気味いい

レバタタキ
600円

表面をサッと炙り、生姜を利かせた特製塩ダレで味付けしたレバタタキは口の中でとろける旨さ。

輩ハイ
600円

ホルモン和

東京都墨田区押上1-18-6 [TEL]03-6661-8135 [営業時間]18時~24時(23時LO)、土・日・祝14時~23時(22時半LO) [休日]水 [席]1階カウンター4席、テーブル2席×2卓、3席×1卓、4席×4卓、2階カウンター3席、座敷4席×1卓、5席×2卓、半個室5名 計49席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか押上駅A1出口から徒歩6分

電話番号 03-6661-8135
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
路地裏の名店とは、まさにこの店のこと。『ホルモン焼 柳』は超新鮮な国産ホルモンをウリに、20年間営業を続けてきた。
精肉店で10年働いた経験を持つ店主が厳選するホルモンを、多彩な料理で提供。良いもののみを仕入れるため欠品もあるが、本当に旨いものが並ぶ。
[もつやき ばん]のグルメ記事と写真のページ。レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。[交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分
[焼肉ホルモン龍の巣]のグルメ記事と写真のページ。肉屋直営の強みを生かし、全国から仕入れたホルモンをすぐさま店舗へ直送。丁寧に下処理した鮮度抜群のホルモンをリーズナブルな価格で提供する。[交通アクセス]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分
[炭火家 おだづもっこ]のグルメ記事と写真のページ。気仙沼出身の店主が切り盛りする居酒屋。炭火でふっくら焼き上げた串焼きをはじめ、メニューが充実。[交通アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩5分
店主の飽くなき研究で供される寿司にハマる人、続出。赤身のヅケに福井県の地がらしをちょんと乗せたり、赤貝を昆布〆にしてみたり。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル