SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

マグロ本がなかなか読めずにいたら……

説教を受けたとはいえ、せっかく無理を言って手に入れた、いや、もとい貸出を受けた本である。さっさと読みたかったがそんな時ほど忙しくなるもので、すぐに読めるようにと車の助手席に本を置いたまでは良かったが、俺の車は東京から一路、青森県深浦に、そして三内遺跡を巡回して東京に帰郷

ようやく本を読めるかなと思ったら今度は会津若松へ、あっというまに返却期間が来てしまった

ここで延滞したら人として、いやマグロマンとして示しがつかない。まだ3分の1も読んでない本を、俺は泣く泣く『銀鱗文庫』に返却し、仕方なく、アマゾンで購入しようとネットで探してみると、なんと第7回小学館ノンフィクション大賞を受賞したこの本が、後にコミック化もされていたことが発覚

コミックは『ビックコミック』で『土佐の一本釣り』を連載していた青柳雄介さんが出筆なさっていて、俺としてはこれは絶対買わなければいかんだろうと、即座に全3巻を電子書籍でまとめ買いしてしまった。やれやれ心なしか散財の予感であるぞよ。

しかも著者の斎藤さんは他にも『俺たちのまぐろ』を上梓されていて、この本も即購入、またもや散財(笑)。

なんだかここまでくると、もはや『まぐろ土佐船』関係は全部揃えてやるぞみたいな感じになってきて、さらなる散財の予感がする。自分でも苦笑である。

ここで、ようやくアマゾン君が本を事務所に運んでくれたよ。

今度こそじっくり腰を据えて読むぞと事務所の椅子に勇んで座ったその瞬間、「歯が痛い」のである

こんな時にあぁ、歯が痛い。

とにかく読書どころではない俺は知り合いの歯科医院に無理矢理予約をねじこんで一目散に愛車を走らせ、新宿区早稲田鶴巻町から千葉県八千代市村上まで爆走した。

なんとか歯科医院の診療時間ギリギリに到着して「ふぅ~」と大きなため息をついた、これから歯の治療である(痛いから治療場面省略)。

思い出しても泣けてくる、世界で一番嫌いな歯の治療が終わりかけた時、俺は診療用の椅子に仰向けになりながら、突如ハッとした。

俺が治療を受けているのは古くからの親友が開業している『いまい歯科』で、場所は千葉県八千代市村上だ。まだ半分も読んでいない『まぐろ土佐船』の著者の斎藤さんは、確か千葉県の習志野でマグロ料理の店を開いていると本に書いてあったのを思い出したのだ。

八千代市村上から習志野って、車なら意外と近くないか? 思い出したが吉日、治療が終わり挨拶もそこそこ、慌てて『いまい歯科』を飛び出し、車に飛び乗り車載ナビで調べてみると20~30分の距離であった。これはいかずんばなるまい! 千載一遇のものスゴい機会だ(携帯で調べりゃ良いじゃーん、焦るな俺)。

俺が向かった先の店の名は、『炊屋(かしきや)』といい、店名の由来は「ベテラン乗組員達はマグロ船のコックのことを『かしき』と呼ぶ」からきているとのことだ。

はやる気持ちをおさえつつ、車を走らせると、10年ぶりに警官から交通違反でキップきられた。なにやってんだか! またしても、またしても散財だぞ俺!!

波瀾万丈、なんだかんだで、開店時間ぴったりの17時に店に到着した。俺はドキドキしながら、店のドアを開けた。この時間なら、俺が口開けの客に違いない!

『炊屋(かしきや)』
『炊屋(かしきや)』
次のページ
マグロ船のコック長の忘れられない思い出...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

鵜澤 昭彦
鵜澤 昭彦

鵜澤 昭彦

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…