MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
東京都内のレモンサワー御三家!“進化した「レモンサワー」の旨さ”が巷を席巻中!(東京都内)

東京都内のレモンサワー御三家!“進化した「レモンサワー」の旨さ”が巷を席巻中!(東京都内)

いまや百花繚乱、さまざまなこだわりで広がりを見せ、人気もさらに急上昇のレモンサワー。名店と言われる店も数多いが、中でもそのコアとなるスタイルを確立し、レモンサワーの旨さを世に知らしめたのがこちら。レモンサワー好きなら一度は訪れるべき“聖地”ともいうべき3店だ!

perm_media 《画像ギャラリー》東京都内のレモンサワー御三家!“進化した「レモンサワー」の旨さ”が巷を席巻中!(東京都内)の画像をチェック! navigate_next

発祥の地の生搾りスタイル、さらなる工夫、シャリっと凍らせた
焼酎や凍結レモンを使い、飲み進めても薄まらないというスタイル。
レモンサワー好きなら一度は訪れるべき“聖地”ともいうべき3店だ!

もつやき ばんのレモンサワー [祐天寺]

自分で搾り自分で注ぐサワーの基本はここにあり!

 レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。ジョッキに注がれたキンミヤ焼酎に、炭酸(ハイサワー)、半割りのレモン1個がワンセット。搾り器で自ら搾り、好みの濃さに割って飲めばいい。中(焼酎の中身)をお替わりして2杯呑む人が多い。余計な甘さはなく、ジュワワーッとレモンの香りが上がって爽やか。そこに合わせるのは、看板のもつ焼き(一串100円)だ。新鮮かつ丁寧に焼き上げられたモツをグイッとやってグアーッと流し込む至福。名物「とんび豆腐」や「レバカツ」など相性抜群のつまみはほかにも事欠かず、うれしい限り。

写真:レモンサワー(セット)400円
搾ったレモンを積み重ね“レモンタワー”を作る人も続出の爽やかな飲み口。もつ焼きは全品一串100円で種類も豊富。コスパも抜群

写真:とんび豆腐350円
豚の尾“とんび”をスパイシーに煮込んだ「とんび豆腐」。とろっとした食感と刺激的な辛さがクセになる旨さ

[その他のメニュー]マカロニサラダ300円、なの花のからしあえ280円、かつおタタキ380円、しめさば380円、煮ブタ280円、ガツ刺(一皿)280円、アジフライ280円など

[住所]東京都目黒区祐天寺2-8-17 [TEL]03-3792-3021 [営業時間]16時~23時、土15時~23時、日15時~22時 [休日]不定休 [席]カウンター19席、テーブル71席 計90席/全席喫煙可/予約4名以上から(2時間半制)/カード不可/サ・お通しなし [交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分

埼玉屋のレモンサワー [東十条]

シャリシャリ氷結焼酎が 絶品やきとんと相性抜群

 言わずと知れたやきとんの名店、埼玉屋だが、ここの生レモンハイがまた“シャリキン”スタイルのルーツともいうべき名品。ジョッキにギュッと搾られたカットレモンが2切れ、そこにシャリシャリのシャーベット状に凍らせた焼酎と炭酸が注がれる。大将曰く「氷で薄まっちゃマズいだろ」ってわけ。ジョッキの縁には塩が付いたスノースタイルだ。焼酎氷の口当たりとレモンの爽やかさに軽い塩気がイカす。大将自慢のやきとんは基本おまかせの9串。素材や焼きはもちろん、ガーリックバターののったチレやサルサソースのシャモなど、グッとくるこだわり。「埼玉屋劇場」とも言われる大将の口上も楽しみながら、ジョッキが進むのだ。

写真:生レモンハイ 460円
焼酎氷は口当たりもよくすっきりした飲み口。やきとんは左から上シロ、レバ、アブラ(ロース)。最初にクレソンと大根のサラダも

写真:埼玉屋の煮込み 790円
柔らかく煮込まれた牛肉はとろとろで、脂も甘く旨い。パンを浸して食べるのも◎

[その他のメニュー]大根サラダ250円、ザワークラフト350円、生のり250円、レバステーキ600円、牛のタタキ830円、ベーコンステーキ840円など

[住所]東京都北区東十条2-5-12 [TEL]03-3911-5843 [営業時間]16時~21時半(土は、一回転のお客で満席次第終了) [休日]日・祝 [席]カウンター19席、テーブル12席 計31席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通しなし [交通アクセス]JR京浜東北線東十条駅南口から徒歩3分

素揚げやのレモンサワー [小岩]

飲むほどにレモン感が増す 素揚げとぴったりの爽やかさ

 店主宮㟢明さんが生み出した“元祖”最強レモンサワー。そのキモは氷代わりにレモンが凍らせてあることだ。凍結レモン丸々1個分7~8カットに超強炭酸が注がれる。ほんのり甘い飲み口にシュワワワッとレモンの香りが上がる。レモンがほどよく溶けて「飲み進めるほどにレモン感が増す」のもポイント。中のみお替りしてさらに2杯3杯といける。レモンはノーワックスの広島県瀬戸田産レモンで、皮ごと食べてもOKだ。もちろん、看板のひな鳥の素揚げとの相性は抜群。揚げたてを眼の前で部位ごとにほぐしてくれる手羽をハフハフ頬張りながら、シュワ~っとひと口。く~っ。京野菜中心の旬の野菜素揚げもまた合います!

写真:元祖最強レモンサワー 486円
レモンは凍らすと苦みが出ないのもポイント。大山どりのひな鳥は肉質が柔らかく、カリッと揚がってジューシー

写真:煮つなぎ鳥 378円
希少部位“ツナギ”を惜しげもなく使い、甘辛のタレでさっと煮てある

写真:野菜素揚げおまかせ盛り 842円
京都上賀茂の農家直送の京野菜を中心に旬の野菜が11~12種。野菜の旨さを引き出した素揚げならではの美味しさ

[その他のメニュー]素揚げセット(砂肝・もも・手羽)1944円、とりわさ648円、レバー刺身648円、和牛串カツ270円、和牛メンチカツ270円、こだわり玉子の玉子かけごはん432円など

[住所]東京都江戸川区南小岩8-25-1 [TEL]03-6806-9481 [営業時間]17時~23時(フード22時LO) [休日]月(祝日の場合火)[席]カウンタ-8席、座敷8席 計16席/全席禁煙/予約可/カード不可/お通し300円 [交通アクセス]JR総武線小岩駅南口から徒歩7分

レモンサワー関連特集

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
当サイトでグルメ系YouTubeを紹介しているライター・菜々山いく子。無類のTKG好きである彼女が、つい何度も見てしまう卵かけご飯動画を厳選。見ると必ずTKGが食べたくなること必至です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル