MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
東京都内のレモンサワー御三家!“進化した「レモンサワー」の旨さ”が巷を席巻中!(東京都内)

東京都内のレモンサワー御三家!“進化した「レモンサワー」の旨さ”が巷を席巻中!(東京都内)

いまや百花繚乱、さまざまなこだわりで広がりを見せ、人気もさらに急上昇のレモンサワー。名店と言われる店も数多いが、中でもそのコアとなるスタイルを確立し、レモンサワーの旨さを世に知らしめたのがこちら。レモンサワー好きなら一度は訪れるべき“聖地”ともいうべき3店だ!

発祥の地の生搾りスタイル、さらなる工夫、シャリっと凍らせた
焼酎や凍結レモンを使い、飲み進めても薄まらないというスタイル。
レモンサワー好きなら一度は訪れるべき“聖地”ともいうべき3店だ!

もつやき ばんのレモンサワー [祐天寺]

自分で搾り自分で注ぐサワーの基本はここにあり!

 レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。ジョッキに注がれたキンミヤ焼酎に、炭酸(ハイサワー)、半割りのレモン1個がワンセット。搾り器で自ら搾り、好みの濃さに割って飲めばいい。中(焼酎の中身)をお替わりして2杯呑む人が多い。余計な甘さはなく、ジュワワーッとレモンの香りが上がって爽やか。そこに合わせるのは、看板のもつ焼き(一串100円)だ。新鮮かつ丁寧に焼き上げられたモツをグイッとやってグアーッと流し込む至福。名物「とんび豆腐」や「レバカツ」など相性抜群のつまみはほかにも事欠かず、うれしい限り。

写真:レモンサワー(セット)400円
搾ったレモンを積み重ね“レモンタワー”を作る人も続出の爽やかな飲み口。もつ焼きは全品一串100円で種類も豊富。コスパも抜群

写真:とんび豆腐350円
豚の尾“とんび”をスパイシーに煮込んだ「とんび豆腐」。とろっとした食感と刺激的な辛さがクセになる旨さ

[その他のメニュー]マカロニサラダ300円、なの花のからしあえ280円、かつおタタキ380円、しめさば380円、煮ブタ280円、ガツ刺(一皿)280円、アジフライ280円など

[住所]東京都目黒区祐天寺2-8-17 [TEL]03-3792-3021 [営業時間]16時~23時、土15時~23時、日15時~22時 [休日]不定休 [席]カウンター19席、テーブル71席 計90席/全席喫煙可/予約4名以上から(2時間半制)/カード不可/サ・お通しなし [交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分

埼玉屋のレモンサワー [東十条]

シャリシャリ氷結焼酎が 絶品やきとんと相性抜群

 言わずと知れたやきとんの名店、埼玉屋だが、ここの生レモンハイがまた“シャリキン”スタイルのルーツともいうべき名品。ジョッキにギュッと搾られたカットレモンが2切れ、そこにシャリシャリのシャーベット状に凍らせた焼酎と炭酸が注がれる。大将曰く「氷で薄まっちゃマズいだろ」ってわけ。ジョッキの縁には塩が付いたスノースタイルだ。焼酎氷の口当たりとレモンの爽やかさに軽い塩気がイカす。大将自慢のやきとんは基本おまかせの9串。素材や焼きはもちろん、ガーリックバターののったチレやサルサソースのシャモなど、グッとくるこだわり。「埼玉屋劇場」とも言われる大将の口上も楽しみながら、ジョッキが進むのだ。

写真:生レモンハイ 460円
焼酎氷は口当たりもよくすっきりした飲み口。やきとんは左から上シロ、レバ、アブラ(ロース)。最初にクレソンと大根のサラダも

写真:埼玉屋の煮込み 790円
柔らかく煮込まれた牛肉はとろとろで、脂も甘く旨い。パンを浸して食べるのも◎

[その他のメニュー]大根サラダ250円、ザワークラフト350円、生のり250円、レバステーキ600円、牛のタタキ830円、ベーコンステーキ840円など

[住所]東京都北区東十条2-5-12 [TEL]03-3911-5843 [営業時間]16時~21時半(土は、一回転のお客で満席次第終了) [休日]日・祝 [席]カウンター19席、テーブル12席 計31席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通しなし [交通アクセス]JR京浜東北線東十条駅南口から徒歩3分

素揚げやのレモンサワー [小岩]

飲むほどにレモン感が増す 素揚げとぴったりの爽やかさ

 店主宮㟢明さんが生み出した“元祖”最強レモンサワー。そのキモは氷代わりにレモンが凍らせてあることだ。凍結レモン丸々1個分7~8カットに超強炭酸が注がれる。ほんのり甘い飲み口にシュワワワッとレモンの香りが上がる。レモンがほどよく溶けて「飲み進めるほどにレモン感が増す」のもポイント。中のみお替りしてさらに2杯3杯といける。レモンはノーワックスの広島県瀬戸田産レモンで、皮ごと食べてもOKだ。もちろん、看板のひな鳥の素揚げとの相性は抜群。揚げたてを眼の前で部位ごとにほぐしてくれる手羽をハフハフ頬張りながら、シュワ~っとひと口。く~っ。京野菜中心の旬の野菜素揚げもまた合います!

写真:元祖最強レモンサワー 486円
レモンは凍らすと苦みが出ないのもポイント。大山どりのひな鳥は肉質が柔らかく、カリッと揚がってジューシー

写真:煮つなぎ鳥 378円
希少部位“ツナギ”を惜しげもなく使い、甘辛のタレでさっと煮てある

写真:野菜素揚げおまかせ盛り 842円
京都上賀茂の農家直送の京野菜を中心に旬の野菜が11~12種。野菜の旨さを引き出した素揚げならではの美味しさ

[その他のメニュー]素揚げセット(砂肝・もも・手羽)1944円、とりわさ648円、レバー刺身648円、和牛串カツ270円、和牛メンチカツ270円、こだわり玉子の玉子かけごはん432円など

[住所]東京都江戸川区南小岩8-25-1 [TEL]03-6806-9481 [営業時間]17時~23時(フード22時LO) [休日]月(祝日の場合火)[席]カウンタ-8席、座敷8席 計16席/全席禁煙/予約可/カード不可/お通し300円 [交通アクセス]JR総武線小岩駅南口から徒歩7分

レモンサワー関連特集

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1188views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
21091views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt