MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋エリア限定グルメ情報(28) 愛知県安城市で知らない人はいない!? 地元で絶大な人気を誇る「北京飯」

名古屋エリア限定グルメ情報(28) 愛知県安城市で知らない人はいない!? 地元で絶大な人気を誇る「北京飯」

ローカルフードの宝庫、愛知県。味噌かつや手羽先、ひつまぶしなどの「名古屋めし」があまりにも有名だが、県東部の三河エリアにも地元では超有名なローカルフードがある。とくにJR三河安城駅前にある創業57年の中華料理店『北京本店』が発祥の「北京飯」は、市内で知らない人がいないほどの知名度だ。

愛知県安城市で知らない人はいない!? 地元で絶大な人気を誇る「北京飯」


ローカルフードの宝庫、愛知県。

味噌かつや手羽先、ひつまぶしなどの「名古屋めし」があまりにも有名だが、県東部の三河エリアにも地元では超有名なローカルフードがある。

とくにJR三河安城駅前にある創業57年の中華料理店『北京本店』が発祥の「北京飯」は、市内で知らない人がいないほどの知名度を誇る。


「北京飯が誕生したのは、開店してまだ間もないころです。
初代店主の祖父がまかないで玉子料理を作ろうとしたところ、誤って別のタレを玉子の上にこぼしてしまいました。
捨てるのももったいないと思い、食べてみたら美味しかったそうで、それがヒントになったと聞いています」と、三代目の店主、杉浦充俊さん。

さっそく、北京飯を作っていただくことに。



まずは、唐揚げの調理から。

鶏肉ではなく、豚肉、それも脂の少ない内モモ肉を使用。

塩や醤油などで下味を付けた後、溶き卵にくぐらせる。

衣はサクサク感を出すために片栗粉を使っているそうだ。



そして、熱した中華鍋に油を引き、醤油と砂糖がベースのタレが入った溶き卵を流し入れる。

わずか数秒でトロトロの玉子をご飯にオン!

秒単位で玉子の状態が変わってしまうので、そのタイミングが重要なのだ。



最後に、唐揚げをふわトロの玉子の上にのせて完成。

すごくシンプルなメニューだが、タレの醤油と砂糖のバランスや豚の唐揚げの味付けなど、お祖父様は試行錯誤を重ねたに違いない。

だからこそ、店名を冠した「北京飯」と名付けたのだろう。


9年ほど前、店を改装したのを機に、杉浦さんは北京飯に使用するすべての食材を見直した。

「お米は地元産のブランド米、あいちのかおりにしました。

肉も地元のブランド豚「三河ポーク」を使用しています。
くさみがなく、味もしっかりしています。

卵は、養鶏が盛んな豊橋市から新鮮なものを取り寄せています。

北京飯は、安城で生まれて安城の人々に愛されてきました。

だからこそ、地元の食材を使ってみようと思ったんです」(杉浦さん)



そして、「究極の北京飯」(600円)と名付けてリニューアルさせた。

フワフワ&トロトロの卵の上に高温の油でカリッと揚げた豚の唐揚げをのせた丼ものだ。

もう、このビジュアルからして旨そう!


では、実食!

おおっ!

玉子がふわふわでトロトロ!甘辛く味付けしたタレとともにお米の一粒一粒をコーティングしている。

玉子とご飯との一体感がハンパない。

また、豚の唐揚げは衣がサクサクで、肉がとてもやわらかい。

ラードで揚げてあるせいか、香りが良く、いくらでも食べられる。

シンプルだが、一度食べたら忘れられない味だ。


北京本店
[住所]愛知県安城市三河安城本町2-4-1
[TEL]0566-75-0230
[営業時間]11時~14時L.O.、17時~21時半(21時L.O.)
[定休日]月




永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
4、5年前、全国的にブームとなった牛かつ。 それまで名古屋では牛かつを食べる文化はなかったが、数多くの専門店が出店し、ブームの終焉とともに消えていった……。 そんななか、今でも多くの客に支持されている店がある。 それが、名古屋・桜山にある『牛かつ とんかつ じょじょ吉』だ。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt