SNSで最新情報をチェック

日常にはさまざまな漢字が溢れています。それは生活にうるおいや豊かさをもたらす「食」の分野でも顕著。食べ物にまつわる漢字を知れば、それはそのまま普段の生活がより彩り豊かで楽しいものになるはず。

本コーナーでは「あれ、これどう読むんだっけ?」と思ってしまうような、忘れがちな難読漢字をお届けします。漢字を覚えて食生活を豊かにしよう!! 正解が分かった方は、ぜひこの食べ物との思い出を一緒に呟いてください!!!!

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

難易度:★★★★★

■難読漢字、食べ物編の正解はこちら

正解:あまざけ

よくある間違い:ほう

冬の定番であるあまざけ。醴という表記よりも、甘酒のほうがなじみはあるかもしれませんね。

近年の発酵食品ブームで注目を集めているあまざけですが、日本書紀にも登場しているほど古くから日本人に親しまれている食品です。江戸時代にはあまざけ売りがいたくらいポピュラーなものでした。

そのルーツは、「醴酒(こざけ)」と呼ばれる中国のお酒と言われています。そのため、醴という漢字が当てられるようになったとか。

米麹を糖化させて作ったものと、酒粕を溶かして砂糖を加えたものの2種類がありますが、もともとは前者の米麹を糖化させて作ったものがあまざけだったようです。

米麹を原料としたものは酒という言葉は付いていますが、アルコールは含まれていません。いっぽうの酒粕を溶かしたものにはアルコールが含まれているため、子どもさんに飲ませる時は原料をしっかりチェックしましょう。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...