SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

年末年始となれば、やはり食べておきたいと思うのは“そば”でしょう。

多くのサービスエリア/パーキングエリア(以下、SA/PA)のフードコートには、そばを提供するお店が用意されています。本稿では、そんななかからとっておきのそばメニューを2つご紹介。ぜひとも、この年末年始にお立ち寄りを。年越しそばにももってこいです!

“三タテ”の本格派! 「郷のけんちんせいろ」

「郷のけんちんせいろ」(1300円)

『手打ち蕎麦処 常陸庵』は、名前のとおり、“手打ち”のそばを提供するのが特徴です。しかも、それだけでなく、店に用意した石臼でそば粉を挽いています。そのうえ、もちろん提供するのは“茹でたて”。

特におすすめは「郷のけんちんせいろ」(1300円)。これは茨城県北部の郷土料理で、いわゆる「けんちん汁」を、つけ汁としていただく食べ方です。野菜がたっぷり入っていて、ちょっと懐かしい味と、薫り高いそばが楽しめます。ちょっと贅沢で、しかも、旅情を味わえる逸品です。

■そば打ちの実演もある本格派

友部SA(下り)の『手打ち蕎麦処 常陸庵』。入口の横にはガラス張りの工房があり、タイミングが良ければ、そばを打っているところを見ることもできます。今回紹介した「郷のけんちんせいろ」だけでなく、温かい「けんちんそば」や、茨城県三大地鶏を使った「奥久慈産 しゃもせいろ」、シンプルな「常陸せいろ」など、たくさんのそばが用意されています。

※本稿の内容は2022年7月取材時の情報です。

静岡のお茶とマグロをそばで味わう!?「焼津めしぶっかけ茶蕎麦」

牧之原SA(下り)の「焼津めしと奥静ぶっかけ茶蕎麦」(1250円)

東名高速・牧之原SA(下り)のフードコート「牧茶庵」で人気なのが「焼津めしぶっかけ茶蕎麦」(1280円)です。

こちらの「焼津めし」では、山盛りになった「マグロの削り節」の上に、さらに「シラス」をトッピング。まさに海の幸を口いっぱいに楽しめる贅沢なご飯です。これに、日本一と呼ばれる牧之原自慢のお茶を使った茶そばを組み合わせました。静岡の海の先「マグロ」と、山の幸「お茶」を楽しめるメニューです。

■お茶の産地の牧之原とマグロの街・焼津

牧之原SA(下り)の名前にある牧之原は、静岡でもお茶の産地として有名な場所。また、すぐ隣にある焼津は、国内有数の水揚げ量を誇るマグロの有名な港があります。そんな牧之原SA(下り)のフードコートにある「牧茶庵」は、牧之原ならではの茶蕎麦や、そば・うどんを提供しています。

※本稿の内容は2022年7月取材時の情報です。

文/鈴木ケンイチ、写真/NEXCO東日本、NEXCO中日本

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...