MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪串かつ専門 てん家わん屋(串揚げ/大久保)のグルメ取材記事と写真

大阪串かつ専門 てん家わん屋(串揚げ/大久保)のグルメ取材記事と写真

大久保エリアの串揚げ店「大阪串かつ専門 てん家わん屋」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。新鮮な魚介や旬の野菜など、上質な素材を使った串は基本的にどれも108円と超リーズナブル。定番串の合間にぜひ注文したいのが、店主が考案した変わり串だ。[交通アクセス]JR中央線大久保駅南口から徒歩1分

perm_media 《画像ギャラリー》大阪串かつ専門 てん家わん屋(串揚げ/大久保)のグルメ取材記事と写真の画像をチェック! navigate_next

大阪串かつ専門 てん家わん屋(最寄駅:大久保駅)

ありそうで無かった新感覚の串揚げに驚き&拍手喝采!

ピリ辛に味付けしてから揚げた納豆は、衣のサクサク感とネバネバ感が相まって新感覚の美味しさ。秀逸なのがお米串。ひと口サイズのおにぎりを揚げただけだが、自家製カレールーにつければ、肉はないのにまるでカツカレー!?  串揚げに秘められた無限の可能性に刮目すべし!

バウムクーヘン串
108円

温めることで生地の風味が増し、そのまま食べるよりも美味しさがグレードアップ。

煮玉子串
108円

どて煮の味噌ダレに漬け込んだ味玉の串揚げで、黄身は半熟トロトロが嬉しい。

納豆串
108円

味つけはレモン醤油で納豆と相性抜群だ

お米串+カレールー
216円

カレーは揚げ物に合わせてあっさりとした味わい

ポテトサラダ
324円

カニカマ、ツナ、枝豆など具だくさん

大阪串かつ専門 てん家わん屋の店舗情報

東京都新宿区百人町1-14-3 ローレルビル1階 [TEL]03-3364-3089 [営業時間]17時~翌2時(翌1時半LO)、日・祝は17時~24時(23時半LO) [休日]無休 [席]カウンター7席、テーブル2席×3卓、5席×2卓 計23席/喫煙可/予約可/カード不可/お通し代216円別 [交通アクセス]JR中央線大久保駅南口から徒歩1分

電話番号 03-3364-3089
2017年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ときおり串を返しながら、店主の児玉昌彦さんが熟練の手つきで焼き上げていく。枝ものの備長炭を使い、いい加減に煙をまとわせる。
総ひのき造りのコの字カウンターの中央には、ねじり鉢巻をキリリとしめた若き大将が。席はすべて焼き場から目の届く距離にあり、大将自らが熱々の串を供してもてなす。
「アイドルに会える串カツ田中」がアキバ(東京・秋葉原)にオープンしたらしい……!噂を聞きつけ、『おとなの週末』編集・武内、ライター・カーツが早速行ってきました。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
L字形の重厚な一枚板カウンターに、棚に並ぶグラスが暗闇の中で浮かび上がるような照明。2019年8月14日に開店したこの店では、そんなドラマチックな空間の中で焼鳥コースを楽しめる。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル