MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
串かつ 七福神(串揚げ/東梅田)のグルメ取材記事と写真

串かつ 七福神(串揚げ/東梅田)のグルメ取材記事と写真

東梅田エリアの串揚げ店「串かつ 七福神」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。かつて“安い旨い”で団塊の世代の胃袋を満たしてきた地下鉄梅田の食堂街「ぶらり横丁」。2015年の行政代執行により幕を閉じた。

perm_media 《画像ギャラリー》串かつ 七福神(串揚げ/東梅田)のグルメ取材記事と写真の画像をチェック! navigate_next

串かつ 七福神(最寄駅:東梅田駅)

サクッと軽く20串はペロリ!ソース2度付け禁止の大衆串

その際、閉店が惜しまれた人気店のひとつがここ『七福神』だ。現在は大阪駅ビルに移転し、元気に営業中。人気は衰えず、かつての常連客にビジネスマンや女性客も多く、ランチタイムや夕方は満席御礼。その人気の秘密は、“安い旨い”のモットーはそのままに、味には手を抜かないところ。衣には、その時々で使う分だけのメレンゲを投入し、軽さを強調。油は100%ラードを使用しカラッと。赤ワイン、りんごジュース、ウスターを調合したソースも秀逸だ。平均1人20串、女性でも15串はいける軽さとコスパに人気の陰りは1ミリも見えない。

えび、ブロッコリー、紅しょうが、りんご、ライスボール、串かつ(牛)、若鳥
178円、118円、118円、118円、178円、118円、178円

特に人気の串7本。ブロッコリーなどの野菜串はダシ醤油で。デザート感覚のりんごはシナモンシュガーをふって。新商品のライスボールはチーズがトロけて美味!

すじコン煮
475円

ビールのアテに最適なすじコン煮。優しい味付けで最初に注文したいスピードメニュー。

きゅうり漬
237円

きゅうり漬は串休めにもぴったり

串かつ 七福神

■『串かつ 七福神』
[住所]大阪符大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅第4ビル地下2階
[TEL]080-1410-4177
[営業時間]11時半~22時45分LO ※ランチタイム有
[休日]無休
[座席]24席/完全禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄谷町線東梅田駅から徒歩3分

電話番号 080-1410-4177
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
L字形の重厚な一枚板カウンターに、棚に並ぶグラスが暗闇の中で浮かび上がるような照明。2019年8月14日に開店したこの店では、そんなドラマチックな空間の中で焼鳥コースを楽しめる。
「カレー味のもつ煮」が看板メニューのひとつ。ごく最近発案された変化球系煮込みなのかと思いきや、歴史は3代前まで遡る。
ストップをかけるまでお任せで供される串揚げは、全種類180円とリーズナブル。定番の肉や魚介、野菜類のほか、「ハマグリ」や「生湯葉」といった独創的なメニュー、月ごとの旬のものなど約40の食材が並び、あれこれ食べたくなるはず。
開店14年を迎える焼きとん屋。昔は立ち飲みだったが10周年を機に席が設けられ、座って食事できるようになった。
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
最新記事
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
都心部で歴史と情緒があり、美味が充実している神楽坂と麻布十番。昼と夜とおやつ。新店に老舗。路地裏から大通りまで歩き回り、食べ回り、みんなが納得の美味を集めてきました。大人だからこそわかる魅惑の2エリアの大特集です。密を避けて楽しみたい、春の美味さんぽに活用してください。ほか、生姜焼き、和菓子、駄菓子の特集もあります!
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の看板メニューのひとつ「ロイヤルのオニオングラタンスープ」には、知る人ぞ知るエピソードがあります。今から67年前に来日したマリリン・モンローが愛した味だというのです。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル