SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・雪が谷大塚の豆腐店『あらいや豆腐店』です。

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ですが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しています。

老舗三代目が紡ぐ 豆腐の未来を切り開く新しい試み

「父や母も新しいものが好きだったけれど、やっぱり血筋かな」。そう言って笑うのは『あらいや豆腐店』の三代目にあたる木村哲祥さん。店に並んだ目を見張るような多彩な商品に対してのセリフだ。

「季節のがんもどき」、「豆乳おからドーナツ」に「揚げ出し豆腐」とまあこの辺は想定の範囲内。だがポンデケージョならぬ「ソイデケージョ」や生春巻きに擬態した「梅ちゃんロール」にはびっくり。

こちらは木村さん夫婦を筆頭に、長男・次男夫婦という大家族経営。その総指揮を執るのが木村さん。ふたりの息子さんを大学と並行して調理師学校に通わせたというから、木村さんの未来構想はそのあたりから始まっていたのだろう。

長男は和食、次男はイタリアンの料理人を経験し家業へ戻って来た。今では世代や得意分野の違う6人が、毎日のようにアイデアを出し合って個性的な商品を生み出す。

「ざる豆腐」594円、「本絹豆腐」259円

『あらいや豆腐店』豆腐はすべて国産大豆、天然にがりのみを使ったピュア味わい。盛り付けられた風情が食欲をそそる「ざる豆腐」594円は食べ応えがある。塩とオリーブオイルで食べるのもおススメ。自慢の「本絹豆腐」259円はとろりとなめらかな舌触り

『あらいや豆腐店』は創業からずっと国産大豆にこだわり、本物の豆腐を作り続けてきた。そこはブレることはないが、その一方で木村さんは新しいことにも積極的に取り組んでいる。自身の店はもちろん、豆腐の未来をも切り開こうとしているのかもしれない。

『あらいや豆腐店』

[住所]東京都大田区南雪谷2-11-19
[電話]03-3729-1742
[営業時間]製造完了後(11時頃)~18時
[休日]日・祝
[交通]東急池上線雪が谷大塚駅から徒歩1分

撮影/鵜澤昭彦、取材/岡本ジュン

※2022年10月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...