×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から鮎川誠のシリーズが始まります。1948年、福岡県久留米市生まれ。九州大学在学中の70年にロックバンド「サンハウス」を結成し、ギタリストとして活躍。75年にはレコードデビューを果たしました。78年からは妻のシーナ(悦子)がボーカルを担当するロックバンド「シーナ&ロケッツ」の活動がスタート。「ユー・メイ・ドリーム」や「レモンティー」などのヒット曲を世に送り出し、日本のロック界に大きな足跡を残してきました。2015年にシーナが子宮頸がんのため61歳で亡くなったあとも、「シーナ&ロケッツ」としてライブを続けていましたが、2023年1月29日午前5時47分に膵臓(すいぞう)がんのため死去。2月4日には東京都内で“ロック葬”が営まれ、関係者やファン計4000人以上が参列して故人を偲びました。

2023年1月下旬、虫の知らせが……

2023年1月29日、シーナ&ロケッツの鮎川誠が膵臓がんのため死去した。74歳だった。ぼくは虫の知らせといったことは余り信じないが、今回だけは何故か予感のようなものがあった。

鮎川誠には2015年に他界した妻シーナとの間に3人の娘がいる。次女の純子さんが鮎川誠のマネジメント関係を担当していた。その純子さんに1月下旬、ぼくは何回か電話をした。近況の確認と、時間があればどこかで逢えないだろうかと訊ねたかったからだ。

普段ならすぐに電話に出るか、留守電を聞いて連絡をくれたのに、数回電話したのにレスポンスが無い。鮎川誠の身に何かあったのではないか。嫌な胸騒ぎがした。その数日後、公式ツイッターでその死が発表された。嫌な予感が的中して、ぼくの心にポカンと穴が開いた。

シーナ&ロケッツの名盤の数々。右端が、初のカバーアルバム『LIVE FOR TODAY!』。シーナが亡くなってから5年後の命日(2020年2月14日)に発売された

JBLとB&Wのスピーカーで、鮎川誠とレコードを視聴

時間があればどこかで逢いたいと思ったのは、2022年7月中旬に発売された拙著『岩田由記夫のRock & Pop オーディオ入門』(音楽之友社)の視聴ページに、ゲストとして鮎川誠が登場してくれ、その御礼をしたかった。また、その対談がとても楽しかったので、またそういった対談を企画して登場願えるか、あるいはぼくがDJを務めるポッドキャスト・ラジオ、Voicyに出演して頂けないだろうか相談したかったのだ。

拙著の取材は2022年6月、音楽之友社の視聴室で行われた。がんで余命の告知をされたのが5月と報じられているので、ぼくと対談した時には鮎川誠はもう自分の死を覚悟していたのかと思うと愕然とする。とてもそんなことが信じられないほど鮎川誠は元気だった。いや、本当は体力的には辛かったのだろうがそんな気配は微塵も感じさせなかった。

鮎川誠(右)と筆者・岩田由記夫 。2022年6月、東京都内の音楽之友社の視聴室で

鮎川誠とのその対談はアメリカを代表するJBLの99万円のスピーカー、イギリスを代表するB&Wの約73万円のスピーカーを用意して、イギリスのロックはイギリス産のスピーカー、アメリカのロックはアメリカ産のスピーカーで聴くのが本当に適しているのだろうかという趣旨で行った。

鮎川誠にはアメリカ、イギリス、それぞれ2枚ずつ好きなミュージシャンの音源を持ってきて欲しいとお願いした。彼はボブ・ディランとマディ・ウォーターズをアメリカ用に、レッド・ツェッペリンとザ・ローリング・ストーンズをイギリス用に持参してくれた。

その他、シーナ&ロケッツのアルバム『真空パック』、A面が「テル・ミー」、B面が「かわいいキャロル」というザ・ローリング・ストーンズの日本デビュー・シングルなど、いずれも良く聴き込んできたのが分かる発売当時のレコード盤だった。

左上がアメリカで1981年にリリースされた『SHEENA & THE ROKKETS IN USA』。右下はセカンドアルバムで1979年発売の『真空パック』。細野晴臣がプロデュース、坂本龍一や高橋幸宏も参加している。ヒット曲「ユー・メイ・ドリーム」収録
次のページ
「スピーカーちゅうのはその上にレコードを置きたいんだね」いか...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

岩田由記夫
岩田由記夫

岩田由記夫

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…