×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

サードウェーブコーヒーで注目を集めた東京-na澄白河が、今度はお酒の街になる!3月にリリースされたクラフトジンの蒸留所を皮切りに、夏にはマイクロブルワリーも誕生。キーになる店はココ!

【ビールでジンで新たに仲間入り!】
「清澄白河を盛り上げたい!」。コロナ禍でフツフツと沸き立った思いがここに結実。クラフトジンの蒸留所と、ご縁が繋いだブルワリーの2軒がクラフトの街を活性させる!

『BEER VISTA BREWERY』初夏から醸造開始!!

飲食と醸造のスペースが隣接したブルワリー兼ビアパブとして昨年12月にオープン。醸造は初夏の開始に向けて現在着々と準備中だ。製法もスタイルも多様ゆえ、逆にマニアックになりがちなクラフトビール。そこで飲むシチュエーションを思い描くことからレシピを書くというから楽しみだ。解説に愛があふれている現在のゲストビールは国産中心のセレクト。ビールの自由さに合わせてジャンルレスな料理も驚きがあり、楽しさ満載だ。

『BEER VISTA BREWERY』シックな内観

[住所]東京都江東区常盤2-13-17 トキワハイツ1階
[電話]03-6659-6657
[営業時間]16時〜22時、日 14時〜21時
[休日]不定休
[交通]地下鉄半蔵門線ほか清澄白河駅A1出口より徒歩4分

『深川蒸留所』3月からリリース開始!

清澄白河で家庭用蒸留器も扱う名物ショップ『リカシツ』を展開している関谷幸樹さん。森下でクラフトジンに特化した『BAR NICO』を営む小林幸太さん。下町深川らしいヨコの繋がりで出会い、意気投合した「深川オリジナルのジンを作りたい」という思いがいよいよ形になってスタートした。蒸留器の設計はオリジナル。そのクラフトジン第1弾は深い香りと澄んだ味わいが特徴。工場併設のバーもオープンする予定で楽しみ!

「FUEKI」(500ml 5200円)

『深川蒸留所』3月25日発売予定の第1弾(プロトタイプ)「FUEKI」(500ml 5200円)。販売は地域のリカーショップにて
『深川蒸留所』今後は蒸留所の予約見学も予定している。蒸留器が見えるバーカウンターでの試飲はここだけの特権だ。詳細はインスタを

[住所]東京都江東区平野2-3-15 1階
[電話]なし
[交通]地下鉄半蔵門線ほか清澄白河駅A3出口から徒歩8分
※営業時間等はインスタにて

『BAR NICO』

やや急な階段を登った屋根裏部屋のような2階のバーは、深夜までの営業で地域の人たちが集う居心地のいいスペース。店主の小林さんが数年前に「ハマって」以来、年々増えたクラフトジンに特化。入れ替わり立ち替わり味わい豊かなジンが登場している。つまみにはカツオと豚のきれいなダブルダシが特徴の沖縄おでんが◎。近場の名店『焼肉静龍苑』から仕入れる牛タンは特に絶品だ。もちろん、深川蒸留所のクラフトジンもここで飲める!

『BAR NICO』やや隠れ家めいたウッディな佇まいでバータイムを楽しめる

[住所]東京都江東区高橋11-1 2階
[電話]03-3846-1211
[営業時間]19時〜翌2時
[休日]月、第4、5日
[交通]地下鉄半蔵門線ほか清澄白河駅A2出口から徒歩3分

次のページ
『フォークウェイズ ブリューイング』2019年から醸造!...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…