×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

埼玉西武ライオンズの本拠地ベルーナドーム(埼玉県所沢市)は、野球観戦とともに多種多様なグルメを楽しめる「12球団最大級の店舗数」という“グルメスタジアム”としても有名です。カフェから本格的なレストランまで、提供される「食」の数々は“獅子まんま”の愛称でファンにはおなじみの存在。そんなライオンズグルメに3月24日、新たなメニューが仲間入りしました。IPAというビアスタイル(ビールの種類)の傑作「PUNK IPA」で知られ、世界中で愛される英国発の人気クラフトビール「BREWDOG(ブリュードッグ)」です。野球場への出店は、ベルーナドームが世界初。球場で飲むクラフトビールの味と感動をリポートします。

英国発の人気クラフトビール「BREWDOG(ブリュードッグ)」の傑作「PUNK IPA」

約70店舗、メニューは1000種類以上! 12球団最大級の“獅子まんま”

約70店舗、メニューは1000種類以上。ベルーナドームは、「食でも楽しんでいただく!」として、球場内のグルメにも力を入れてきた“グルメスタジアム”の側面を持ちます。「カジュアルなファストフードやこだわりの一品、多種多様なビールやカクテル、そしてゆったりとくつろげるカフェから本格的なレストランに至るまで、さまざまなジャンルやシーンでの『グルメ体験』をご用意」(ライオンズグルメHPより)。その内容は、国内プロ野球「12球団最大級の店舗数」という充実ぶりです。そんな数々のライオンズグルメのことを、ファンたちは「獅子まんま」の愛称で呼び、ベルーナドームでの観戦時の大きな楽しみとしてきました。

ベルーナドーム

ベルーナドーム関係者の「食」に対する思い入れは、半端ではありません。ソイミート(大豆肉)などヴィーガン(完全菜食主義者)にも対応した店もあるほど。同時に、球場での観戦には付きもののビールにもこだわってきました。

埼玉西武ライオンズの荒木浩基営業部長は「野球観戦とビールは、切っても切れない関係」と、ビールに力を注ぐ理由を説明します。特に、過去には知る人ぞ知るアメリカのクラフトビールをドラフト(樽生)で提供するなど、「新たな観戦価値を提供する」(荒木部長)として2016年からは海外のビールも積極的に扱ってきました。

そんな経緯を経て、今回初めて登場するのが、世界約60カ国で展開する英国発の人気クラフトビール「BREWDOG(ブリュードッグ)」です。もちろん「樽生」で楽しめます。

球場内の3塁側と1塁側の2店舗で、至高のIPAの「樽生」が楽しめる

ブリュードッグとして世界で初めての球場内に誕生するオフィシャルバーは2店舗。ベルーナドーム3塁側の「エルズクラフト」と1塁側の「クラフトビアーズ オブ トレインパーク」という既存店舗をリニューアルして、『エルズクラフト supported by BREWDOG』および『クラフトビアーズ オブ トレインパーク supported by BREWDOG』として、3月24日にオープンしました。

『エルズクラフト supported by BREWDOG』

ブリュードッグは2007年に英スコットランドで、「創業者ジェームズ・ワットとマーティン・ディッキー+愛犬1匹で創業した」(同社HPより)クラフトビールメーカー。多様な種類の大量のホップを投入するなど大手とは一線を画した醸造で個性的な味わいを創出し、熱狂的なファンを増やしてきました。

当初は、ガレージで醸造した少量のビールを手で詰め、バンの荷台で販売するところからスタート。その味はたちまち飲んだ人の心を捉え、2年後には英国で最も成長しているビールブランドとして認められました。現在では欧州をはじめ日本を含む約60カ国に展開、4つの醸造所を持ち、直営のビアバーは世界で110軒以上になるまで成長。「欧州No.1クラフトビールメーカー」(同社資料より)となり、クラフトビールメーカーの中で高い地位を築いています。

次のページ
IPAの傑作「PUNK IPA」 トロピカルフルーツフレーバ...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部 堀
おとなの週末Web編集部 堀

おとなの週末Web編集部 堀

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…