SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

「檸檬堂」がお歳暮でやってきた。

大層なボックスでやってきた
大層なボックスでやってきた

ある日、編集部に「檸檬堂」のお歳暮が届いた。せっかくいただいたのだから飲まないわけにはいかない。そして、せっかくなら記事にしてしまおう。なので、これはPR記事ではない。何ならPRお待ちしております、だ。

能書きはさておいて、今回届いたお歳暮に入っていたのは定番5種類と限定1種類。それに檸檬堂のロゴが入った特製グラス

開封。なかなか壮観である
開封。なかなか壮観である

内訳としては「定番レモン」「鬼レモン」「はちみつレモン」「無糖レモン」「うま塩レモン」に、2022年12月12日に数量限定にて全国発売された「特別仕込み」というラインナップ。

さて、飲み比べることで見えてくることがあるのか。今回は、味の雰囲気がわかるよう、レモン感:レモンを感じるかどうか、ドライさ:アルコール、キレを感じるか、甘さ:甘みを感じるか、という指標を設けたので、参考にしていただきたい。

1.王道の味! やっぱりおいしい「定番レモン」

・アルコール分:5% ・レモン果汁:15%
・レモン感:5 ・ドライさ:4 ・甘さ3

「定番レモン」
「定番レモン」

まずは代表的な「定番レモン」からスタート。個人的にもレモンサワー缶を飲むときにこれを指名買いするほど、普段使いしている一本だ。うん、やっぱり旨い

「お店の定番のおいしさを実現」という謳い文句も理解できる、安定の味わい。レモンの果実感がありながらも甘ったるくない。酸味があるからグビグビ飲めるんだろうなぁ。どんな料理にも合う万能タイプだ。

いかん、まだ5種あるのに止まらなくなる。

次のページ
2.どっちつかずの味だが食中酒に最適「うま塩レモン」...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

編集部えびす
編集部えびす

編集部えびす

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…