MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
紅鹿舎(珈琲店/有楽町)|優雅な味と銅製のポット「昭和レトロ」な世界に迷い込む

紅鹿舎(珈琲店/有楽町)|優雅な味と銅製のポット「昭和レトロ」な世界に迷い込む

60年の歴史を持つ店内に足を踏み入れると、美術館のようなアンティークの家具や置物に目を奪われる。優雅な気分になるのは開店当時から変わらぬ内装だけではない。

紅鹿舎(最寄駅:有楽町駅)

うず高く巻かれた生クリームと、2杯分のアイスコーヒーが入った銅製のポットをお盆に乗せた「クリーム・ド・モカ」が運ばれてくると誰もが驚きの声を上げる。「今は健康志向ですが、昔はクリームがたくさん入っていると喜ばれました」とオーナーの村上さん。濃く淹れられたコーヒーは酸味が利いてしっかりした味。クリームは甘さ控え目で、シロップで甘みを調整できるので男性客からのオーダーも多い。

クリーム・ド・モカ
900円

豆の配合は秘密だが、バランスがとれ飲みやすい紅鹿舎のコーヒー。先にクリームだけ食べる人も。

べにしかの元祖ピザトーストセット
1250円(単品900円)

ピザトースト発祥の店として、親子3代で食べに来てくれる人も。「昔はピザが手軽に食べられなかったので、簡単にできて美味しいものを私が考えました」と村上さん

紅鹿舎

[住所]東京都千代田区有楽町1-6-8 [TEL]03-3502-0848 [営業時間]9時半~23時45分まで(食事23時LO、飲み物23時半LO、土・日・祝9時~)※ランチタイム有  [休日]無休 [席]カウンター9席、テーブル54席 計63/分煙/予約可(時間帯による)/カード不可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか有楽町駅から徒歩2分

電話番号 03-3502-0848
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
果物のように甘い酸味。エアロプレス抽出の「アイス グアテマラ」を飲み、「コーヒー豆も果実」と思い出した。
コーヒー豆の旨みを凝縮したエスプレッソを、アイスで飲むなら? 薄めて冷やしたアメリカーノもいいが、トニックと合わせるのも涼やかだ。
近隣のコーヒー好きはもちろん、最近では外国人観光客も訪れる注目のロースタリーカフェ。コーヒーゼリーには、店で最も深煎りの「ウマヤブレンド」をウォータードリップで抽出したものを使用。
ひと口で、グラス半分を飲み干してしまった。「本日のコーヒー アイス ルワンダ」はフレッシュな酸味と栗に似た甘さでグイグイいける。
鬼子母神参道に位置する落ち着いた佇まいの喫茶店は、手塚治虫とゆかりのある建物・並木ハウス別館を改装したもの。コーヒーゼリーは香りとコクのバランスがいいコロンビアと、香りの強いジャワロブスタを独自ブレンド。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
3935views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt