MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
フルーツパーラーゴトー(喫茶店/浅草)-人気は王道のフルーツパフェ

フルーツパーラーゴトー(喫茶店/浅草)-人気は王道のフルーツパフェ

浅草の喫茶店「フルーツパーラーゴトー」のパフェに関するグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。食べる前から心がキュンとするような、色とりどりのフルーツをあしらったキュートなパフェ。旬の果物を使った常時7~9種類の味わいの中でも、一番人気は王道のフルーツパフェだ。[住所]東京都台東区浅草2-15-4

perm_media 《画像ギャラリー》フルーツパーラーゴトー(喫茶店/浅草)-人気は王道のフルーツパフェの画像をチェック! navigate_next

フルーツパーラーゴトー(最寄駅:浅草駅)

カラフルなフルーツの王道パフェにゾッコン

キウイやスイカなど時季で内容が変わり、果実のアイスやマリネもすべて自家製で仕上げている。そんな細部の仕込みにまで手間を惜しまないのは「美味しく味わってほしいから。ほぼ趣味のようなもの(笑)」と3代目店主の後藤さん。戦後すぐ創業した青果店が現在のパーラーとなったのは昭和40年のこと。だから果物に自信があるのは当然だが、全国から厳選して仕入れ、必要なら店で追熟させるなど個々の食べごろを見極めるプロの目は見事だ。季節メニューのマンゴーパフェも感涙もの!

本日のフルーツパフェ
830円

フルーツパフェには7種類ほどの旬の果物が入る。果実のアイスやシュガーマリネなども自家製だ。

宮崎産の完熟マンゴーのパフェ
1980円

花びらのように盛り付けたマンゴーパフェは夏の人気メニュー。産地は時季で変わる

熊本産のすいかのジュース
830円

丁寧に種を取り除いて作るスイカ果汁100%のジュース。果実を味わっているような爽やかな甘さで、パフェに入る果物やクリーミーなアイスにマッチ。6、7月ごろは鳥取産や千葉産になる

氷すいか
830円

自家製のスイカシロップをたっぷりかけたかき氷。提供は9月末ぐらいまで。イチゴ味などもある

フルーツパーラーゴトーの店舗情報

■『フルーツパーラーゴトー』
[住所]東京都台東区浅草2-15-4
[TEL]03-3844-6988
[営業時間]11時~19時 ※ランチタイム有
[休日]水曜日、不定休
[座席]カウンター4席、テーブル20席 計24席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅から徒歩3分、地下鉄銀座線ほか浅草駅6番出口から徒歩10分

電話番号 03-3844-6988
2017年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
使い込まれたカウンター。40~50回は出かけたという海外旅行で購入したお土産などが所狭しと飾られ、JBLのスピーカーから心地いい音圧でジャズが流れる。
誕生したのは日本。食べられるのはイタリア料理店ではなく、喫茶店。しかし頬張ればたちまちイタリアンな気分になれる魔法の美味“ナポリタン”の傑作集だ!
今、エモいと言われている純喫茶。そんな昭和を感じられる場所で食べられるこれまたエモいスイーツをご紹介します。(※各店舗の情報は掲載時のものです。新型コロナウィルス感染拡大の影響で営業時間などが異なる場合があります)
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
大人がワクワク、ドキドキする冒険基地としてリニューアルした「阪急メンズ東京」。それを象徴するひとつが7階のヴィンテージ&リバイバルフロア。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル