MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「プリンちょうだい!」|喫茶ヘッケルン(喫茶店/西新橋)

「プリンちょうだい!」|喫茶ヘッケルン(喫茶店/西新橋)

店主の信念が詰まった懐かしのプリンが魅力。ここに来たらスーツ姿の会社員もためらわずこう注文する。「プリンちょうだい!」。

喫茶ヘッケルン(最寄駅:虎ノ門駅・内幸町駅)

ご覧の通り、飾りっ気は一切ナシ。味の決め手となるカラメルは1時間かけて煮詰めた奥深いコクとほろ苦さで、プリンはお母さんの味を思わせる家庭的な素朴さが魅力だ。しかも普通の2.5倍の大きさ! 江戸っ子口調で語るマスターのお人柄も楽しく、「今があるのはお客さんのおかげ」と30年値段を上げていないという心意気にも泣けてくる。

特製ジャンボプリン
350円(コーヒーセットの場合は600円)

飴色の照りのカラメルにソソられる。トーストに付けて最後の1滴まで食べる人もいるとか。プリンは実にシンプル

ブレンドコーヒー
350円

1杯ずつ丁寧にサイフォンで淹れるのがこだわり。プリンとセットで頼む人が多い

クリームソーダ
450円

バニラアイスと生クリーム入り。炭酸が利いた昔懐かしい甘さに疲れも吹っ飛ぶ

喫茶ヘッケルン

東京都港区西新橋1-20-11 安藤ビル1階 [TEL]03-3580-5661 [営業時間]8時~19時、土8時~17時 ※ランチタイム有  [休日] 日・祝・第2土 [席]カウンター8席、テーブル席16席 計24席/喫煙可/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか虎ノ門駅1番出口、都営三田線内幸町駅A3出口から徒歩4分

電話番号 03-3580-5661
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ソフトクリームには、静岡県産の本山茶の玉露をほうじて粉末状にし、練り込んでいる。そのため、ほうじ茶の香ばしさが生きている。
作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
7576views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt