MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】軽食・甘味喫茶きよのや|地元で親しまれる小倉餡が美味の喫茶(喫茶店/武蔵小杉)

【閉店】軽食・甘味喫茶きよのや|地元で親しまれる小倉餡が美味の喫茶(喫茶店/武蔵小杉)

店主の髙さん家族らのアットホームな接客がうれしい喫茶店。地元に愛されるこの店で昭和46年の創業から続く人気甘味のひとつが、自家製小倉餡が主役のあんみつだ。

【閉店】軽食・甘味喫茶きよのや(最寄駅:武蔵小杉駅)

こんもり盛られた餡は上質な北海道産小豆を使って仕込んでおり、甘過ぎず素材の味を生かした美味しさ。何と餡の量をダブルで注文する熱烈ファンもいるというから、そのヤミツキ度の高さが分かるだろう。あまりの評判に持ち帰り用パックもあるとか。小倉餡をのせたホットケーキもオススメだ。

白玉クリームあんみつ
650円

プリッと歯切れのいい寒天の上には自慢の小倉餡のほか白玉、アイス、フルーツ、えんどう豆など盛りだくさん

ゆず茶ソーダ
450円

柚子の果肉や皮が入ったジャムを入れたソーダはスッキリとした後味

小倉生クリームケーキ
560円

銅板で焼いたホットケーキはふわっとして甘い。小倉餡の周りに生クリームもたっぷり添える

【閉店】軽食・甘味喫茶きよのや

神奈川県川崎市中原区小杉町3-445 [TEL]044-722-3827 [営業時間]11時~16時 ※ランチタイム有  [休日]日 [席]テーブル席36席 計36席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]東横線ほか武蔵小杉駅南口1から徒歩3分

電話番号 044-722-3827
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ソフトクリームには、静岡県産の本山茶の玉露をほうじて粉末状にし、練り込んでいる。そのため、ほうじ茶の香ばしさが生きている。
作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
7595views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt