MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
割烹 吉葉(ちゃんこ鍋/両国)-相撲部屋から割烹へ

割烹 吉葉(ちゃんこ鍋/両国)-相撲部屋から割烹へ

両国のちゃんこ鍋「割烹 吉葉」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。第43代横綱・吉葉山に由来する割烹・吉葉。旧宮城野部屋の姿がそのまま残る珍しい店だ。[住所]東京都墨田区横網2-14-5

perm_media 《画像ギャラリー》割烹 吉葉(ちゃんこ鍋/両国)-相撲部屋から割烹への画像をチェック! navigate_next

割烹 吉葉(最寄駅:両国駅)

相撲部屋から割烹へ土俵ごと生まれ変わった新しいお相撲空間

総ひのき造りの建屋の中では、力士たちが稽古を重ねた本物の土俵を囲むようにして食事ができる。築地市場の仲卸による直営店のため、ちゃんこの他に鮨や刺身が自慢だ。相撲甚句や津軽三味線など、食事中に始まる土俵での生ライブも大人気。

ちゃんこ吉葉鍋
(単品2600円、 夜・コース6500円~)

毎日盛り土される、神聖な土俵を前に食事を楽しめる。土足厳禁、記念撮影は雪駄を履いて上がればOK。ちなみに女性も上がれる

2人前から注文できる「ちゃんこ吉葉鍋」はメカジキのつみれが特徴で、醤油、塩など4種類の味の中から選べる

お刺身盛り合わせ
2500円

魚の新鮮さは築地の仲卸直営店ならでは

「鶏肉つっぱり焼き」850円は、鶏肉を叩いて焼くことから“つっぱり”とかけてできたメニュー

割烹 吉葉の店舗情報

■『割烹 吉葉』
[住所]東京都墨田区横網2-14-5 
[TEL]03-3623-4480 
[営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~22時(21時10分LO)※ランチタイム有  
[休日]日曜日、祝日、ゴールデンウィーク、盆休み、年末年始  ※相撲東京場所中の日曜・祝日は夜のみ営業 
[座席]カウンター7席、テーブル76席、各種お座敷244席 計327席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし(席により席料あり)
[アクセス]都営大江戸線両国駅A1出口から徒歩7分

電話番号 03-3623-4480
2017年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昨今人気の台湾グルメがまだまだアツい。2021年2月12日にオープンした『アクビ 台湾火鍋 精醸啤酒(クラフトビール)』は、火鍋とクラフトビールが楽しめるお店。本場さながらの鍋とクラフトビールで、渋谷と代官山の間にいながらにして旅行気分に浸れます!!
福岡市高砂エリアの居酒屋[相撲茶屋 大塚] のおすすめメニューのグルメ記事と写真。福岡場所の力士たちのお目当てのひとつが、あら(くえ)鍋。こちらのあらシャブは、身が厚く、食べ応えがあり、旨みがしっかり。[交通アクセス]地下鉄七隈線渡辺通駅2番出口から徒歩6分、西鉄天神大牟田線薬院駅中央出口から徒歩7分
 佐賀産の赤鷄から丁寧にとった白濁スープは、旨みたっぷり。これに、鶏ミンチや野菜を加えていくごとに、ふくよかな味わいが増す。
 鶏肉を使ったすき焼き「ひきずり鍋」が名物。鶏肉は地元の奥三河鶏をはじめ、全国から厳選。
東京軍鶏と比内地鶏の鶏ガラ100羽分を、厳選した鹿児島の天然水でじっくりと炊いた水炊き。余計な脂が徹底して除去されているので、一見濃厚なのに、味わいはとてもスッキリ。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル