MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋エリア限定グルメ情報(30) 高級寿司店が軒を連ねる錦三丁目の穴場!『鮨割烹わらじん 錦店』で寿司と斬新な和食に舌鼓!

名古屋エリア限定グルメ情報(30) 高級寿司店が軒を連ねる錦三丁目の穴場!『鮨割烹わらじん 錦店』で寿司と斬新な和食に舌鼓!

最近では丁寧な仕事を施した江戸前寿司が主流になりつつある名古屋の寿司で、一つだけネックになるのが、値段。とにかく高い……。そんななか、本格的な江戸前寿司だけではなく、趣向を凝らした和食もリーズナブルに楽しめる店を見つけた。しかも、高級寿司店が軒を連ねる中区錦三丁目で!

高級寿司店が軒を連ねる錦三丁目の穴場!『鮨割烹わらじん 錦店』で寿司と斬新な和食に舌鼓!


ネタもデカけりゃ、シャリもデカい。

しかも、味付けはやや甘め……。

ひと昔前まで、名古屋の寿司といえばこんな感じだった。

しかし、最近では、ネタを適度に熟成させたり、酢や塩で締めたりと、丁寧な仕事を施した江戸前寿司が主流になりつつある。



ただ、一つだけネックになるのが、値段。

とにかく、高いのだ。

いちばん安いコースでも8000円。

しかし、ほどんどの客はその上の、10000円や12000円のコースを注文する。

と、なると、お酒を飲んだら、13000円~15000円になってしまう。

庶民にとってはハードルが高すぎる。



そんななか、本格的な江戸前寿司だけではなく、趣向を凝らした和食もリーズナブルに楽しめる店を見つけた。

しかも、高級寿司店が軒を連ねる中区錦三丁目で!

それが名古屋銀行本店の北側、本重町通沿いにある『鮨割烹わらじん 錦店』だ。


月替わりの会席コースは、4980円と6980円、9980円、12000円、15000円と、細かく設定されている。

寿司も料理も堪能したいならば、6980円の「店主一押しコース」(写真)がオススメだ。

内容は、前菜七種盛りと、変わり茶碗蒸し、造り、強肴、温菜、鮨5貫、締めの玉子焼、赤出汁、甘味の全9品と、ボリュームも十分。


カウンターの向こうで腕を振るうのは、店長を務める水野敬彦さん。

京都にある寿司と京料理の店での修業経験を生かして、伝統的な和食から、それらを独自のアイデアと技術でブラッシュアップしたものまで、手際よく作り上げる。

とにかく引き出しが多いのだ。


コース内の料理でそれをもっとも如実に現しているのが、変わり茶碗蒸し「-5℃のカニ味噌ソルベとかにの茶碗蒸し」。

水野さんによると、

「みりんと醤油をくわえて練って、凍らせたカニ味噌をのせています。

チョコレートのように、時間が経つにつれて変わっていく食感が楽しめます」とか。



また、強肴「うなぎ黄金鍋」は、焼いたうなぎの骨でとったダシに白焼きをくぐらせて、卵黄入りのタレでいただく店の名物。

これも、うなぎ=蒲焼きという概念を覆す、かなりの変化球だが、きちんとした和食のひと品として完成されている。




コースのなかでも圧巻は、やはり寿司だ。

ネタの状態に合わせて隠し包丁を入れたり、昆布締めにしたりと、1貫ごとに多彩な技が凝縮されているのだ。

シャリの握り具合も絶妙で、適度な弾力がありながら、口の中でほどけてネタの旨みと一つになる。

これが水野さんが握る寿司の真骨頂なのだ。


本当に寿司は奥が深い。


鮨割烹わらじん 錦店
[住所]愛知県名古屋市中区錦3-19-5 第八錦ビル別館1階
[TEL]052-228-8988
[営業時間]17時~24時(23時半L.O.)
[定休日]日(日を含む連休の場合は月休)





永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
4、5年前、全国的にブームとなった牛かつ。 それまで名古屋では牛かつを食べる文化はなかったが、数多くの専門店が出店し、ブームの終焉とともに消えていった……。 そんななか、今でも多くの客に支持されている店がある。 それが、名古屋・桜山にある『牛かつ とんかつ じょじょ吉』だ。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt