MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
とり茶太郎|確かな味の焼き鳥で、しっぽりと杯を傾ける幸せ(焼き鳥/渋谷)

とり茶太郎|確かな味の焼き鳥で、しっぽりと杯を傾ける幸せ(焼き鳥/渋谷)

「とり茶太郎」は、最寄り駅が渋谷とは思えぬほど、街の喧騒から一歩離れた場所にひっそりと佇む。知っていると自慢できる店だ。焼き鳥屋では珍しい「ほろほろ鳥」や、深い旨みの「一黒シャモ」(仕入れで変わる)など常時4、5種類の地鶏と鴨の串焼きが、初心者はもちろん通の舌をも唸らせている。[交]渋谷駅西口から徒歩8分

perm_media 《画像ギャラリー》とり茶太郎|確かな味の焼き鳥で、しっぽりと杯を傾ける幸せ(焼き鳥/渋谷)の画像をチェック! navigate_next

とり茶太郎(最寄駅:渋谷駅)

いくつかの鶏を使い分ける組み合わせの面白さに加えて、「背肝(腎臓)」や「鴨のハツ」など希少部位が豊富に揃うのも嬉しい。
タレは基本の配合にワインなどを入れ、さっぱりとしながらもコク深い味。塩は佐賀の海水塩など2種をブレンド。焼き方は部位ごとにレアにしたり、しっかり焼いたりとメリハリを効かせている。酒の種類も豊富で、日本酒なら大阪の「秋鹿」がおすすめ。酸味のバランスが良く、焼き鳥にすこぶる合う。

おまかせ串6本コース
2916円

おまかせ串6本コースから・写真は銀杏、ささみ、おたふく(鴨の胸腺)、血肝、手羽先、特撰もも肉(ほろほろ鳥)あぶり焼き(+216円)
内容は日によって変わる。一黒シャモの血肝やほろほろ鳥のささみなど銘柄もさまざま

本日の燻製盛合せ(2名用)
1728円(その日の仕入れで変わる)

比内地鶏のきんかんなどを桜チップで燻製に。ワインに合う一品

日本酒 秋鹿など

「秋鹿」純米吟醸の無ろ過生原酒の限定品(中央)など

特撰もも肉(ほろほろ鳥)あぶり焼き

コースの1本は追加料金で「あぶり焼き」に変更できる

本日の刺身盛合せ(2名用)
2160円(その日の仕入れで変わる)

ほろほろ鳥のロースのたたきなど新鮮な刺身

とり茶太郎
渋谷

■とり茶太郎
[住所]東京都渋谷区鶯谷町7-12
[TEL]03-6416-0364
[営業時間]18時~24時、日17時~23時
[休日]月(月1回は日休み)
[座席]カウンター8席、掘りごたつ式個室4名×1室、半個室テーブル2席×1卓、計14席/全席禁煙/要予約/カード可(1万円以上)/サなし、お通し648円別
[アクセス]JR山手線ほか渋谷駅西口から徒歩8分

電話番号 03-6416-0364
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル