MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
今日のランチはココ!赤坂で5種類の牛肉料理を詰め込んだお得定食|肉割烹 金舌 赤坂(和食/赤坂)

今日のランチはココ!赤坂で5種類の牛肉料理を詰め込んだお得定食|肉割烹 金舌 赤坂(和食/赤坂)

昼食に1500円は決して安くない。しかし、この内容なら誰しも納得するハズだ。

perm_media 《画像ギャラリー》今日のランチはココ!赤坂で5種類の牛肉料理を詰め込んだお得定食|肉割烹 金舌 赤坂(和食/赤坂)の画像をチェック! navigate_next

肉割烹 金舌 赤坂(最寄駅:赤坂駅)

それがコチラの肉割烹が打ち出した、平日限定で13時から注文できる定食。おかずは、鰹ダシをきかせた牛皿に、牛タンカレー、そして肉汁ジューシーなメンチカツ。さらには塩麹に5日間漬け込んだ柔らかな牛タン焼きと、レア具合が絶妙なサガリステーキまで付いてくる。牛、牛、牛のオンパレードに、どれから攻めようか迷うこと必至だ。なかでも特筆すべきが牛タンカレー。大量の玉ネギをじっくり炒めた甘みがたっぷりで、箸がスッと入るほどトロトロに煮込まれたタンがゴロリと入る。こんなにたくさんのおかずがあって、ご飯1杯じゃ足りない……、と思ったそこのアナタ! もちろんオカワリも自由です。

上遅得定食
1500円

ご飯とスープになんとサラダまでオカワリ自由(!)という太っ腹な定食だ

肉割烹 金舌 赤坂

[住所]東京都港区赤坂3-11-7 ソシアル赤坂ビル1階 [TEL]03-3568-2129 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、月18時~23時、火~金18時~23時半、土・祝17時半~23時、日17時半~22時 ※ランチタイム有  [休日]無休 [交通アクセス]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩3分

電話番号 03-3568-2129
2017年8号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
最新記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
5回に渡って愛知からお伝えしてきた、この夏おすすめの極上の“冷んやり体験”。最後は、豊田市の山間部、旭地区に位置する『カントリーレストラン 渓流荘』を紹介しよう。
名古屋めしで欠かせないもののひとつといえば、きしめん。中でも暑い夏には、地元の人が“きしころ”と呼ぶ、冷やしきしめんがおすすめだ。大正12年創業。数々ある店の中でも美味しさに定評のある『宮きしめん』で味わうべく、店舗のある熱田神宮を訪れた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル