MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
明治屋 ワイン亭|ワイン輸入のパイオニアによる新たなる挑戦(ワインバー/京橋)

明治屋 ワイン亭|ワイン輸入のパイオニアによる新たなる挑戦(ワインバー/京橋)

創業から130年を経た『明治屋』が、昨年末に開業した新たな商業施設「京橋エドグラン」に、その長い歴史で初めてとなる直営ワインバーを出店した。4台の異なる温度帯のセラーでコンディションを徹底管理されたボトルは、フランス産を中心に約100種類。

perm_media 《画像ギャラリー》明治屋 ワイン亭|ワイン輸入のパイオニアによる新たなる挑戦(ワインバー/京橋)の画像をチェック! navigate_next

明治屋 ワイン亭(最寄駅:京橋駅)

すべて自社輸入のため、リーズナブルな価格で味わえるのも直営店だからこその魅力だ。料理は赤ワインで炊いた米で作るリゾットや、低温調理で旨みを閉じこめたハンバーグ(写真)など、ワインとのマリーアージュを追求。おつまみ類もあるので、気軽にグラスを傾けに立ち寄ってみるのもいい。

真空低温のハンバーグステーキ シャンピニオンソース
1728円

ソースと共に真空パックした和牛100%のパテを、低温調理器で熱をゆっくり加えていく。繊維に閉じこめられた力強い旨みが口中にあふれ出す

温野菜のバーニャカウダソース
1620円

野菜ごとに数十秒単位で茹で時間を変え、甘みや香りを引き出している

パルミジャーノチーズの赤ワインリゾット
1404円

水を1滴も使用せず、鶏のダシとピノ・ノワールで炊いた米を、たっぷりのパルミジャーノチーズでリゾットに仕上げる。濃厚で香り高い逸品だ

シャトー・マルキ・ド・モン2012
グラス1188円

シャトー・トゥール・レオニャン2012
グラス1188円

明治屋 ワイン亭

[住所]東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン地下1階 [TEL]03-3271-1879 [営業時間]17時~23時(フード21時半LO、ドリンク22時半LO)※ランチタイム有  [休日]土・日・祝(土は不定休で8/19・26は営業) [席]カウンター10席、テーブル18席 計28席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし・チャージ540円別 [交通アクセス]地下鉄銀座線京橋駅8番出口直結

電話番号 03-3271-1879
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
147年続く老舗ハンコ屋がオープンさせたワインバー。女性ひとりでも入りやすい雰囲気ながら、日本やフランスのワインが200種以上揃うなど、かなり本格的。
中野エリアのワインバー「ワイン蔵 BANKAN」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。和の雰囲気の中で、真心あふれる料理と日本ワインを堪能するならここ。BANKAN=万感。日本ワインの魅力をもっと知ってもらいたい。
下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。住宅街にオープンした地元密着型ワイナリー。都内で醸造タンクを眺めながらワインが飲める希少なスペースだ。
自慢のワインはボトル200種類以上、グラスも約15種類という品揃え。グラスだけでなく、デカンタにも3種セット(6600円)があるのがユニークだ。
自然派ワインが流行りの昨今、代表の有沢さんが最も心掛けていること―それは種類の豊富さでも希少な銘柄の品揃えでもない、徹底した品質管理だ。そのために温度と湿度の細かい調整や、劣化の原因となる紫外線を99.9%カットできるガラスなど特殊な設備の大型ワインセラーを導入。※ランチタイム有
最新記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
5回に渡って愛知からお伝えしてきた、この夏おすすめの極上の“冷んやり体験”。最後は、豊田市の山間部、旭地区に位置する『カントリーレストラン 渓流荘』を紹介しよう。
名古屋めしで欠かせないもののひとつといえば、きしめん。中でも暑い夏には、地元の人が“きしころ”と呼ぶ、冷やしきしめんがおすすめだ。大正12年創業。数々ある店の中でも美味しさに定評のある『宮きしめん』で味わうべく、店舗のある熱田神宮を訪れた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル