×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

電車に揺られ、あるいはクルマに乗って出かける先は、おいしい蕎麦が待つお店。観光地でなくとも、その一枚による至福は何物にも代えがたい充実した時間をもたらしてくれます。今回は、神奈川県葉山町の『惠土(えど)』を目指して、小さな蕎麦旅、いざ!

時を忘れさせる風雅な蕎麦懐石と古民家の風情 『惠土(えど)』@葉山

1品目の蕎麦豆腐からして心奪われた。大根おろしの下に角切りのそれがお宝のようにザックザク。そして八寸。風雅な味はもう永遠に酒が飲めそうだ。ほくそ笑んでいると古民家の庭から秋の虫がリンリンリン……ココはどこ、私はダレ?失礼、のっけから恍惚としてしまいました。

時を1時間半前に戻そう。東京から電車で逗子駅へ、そこからバスで約10分。美しい海岸線を目にすればさっきまでの喧噪が嘘のよう。そう、ここはリゾート地としても人気の葉山。で、冒頭の続きである。

メニューは蕎麦懐石のみ。8品からなる構成は小さな驚きの連続だ。「華美でなく素朴なおいしさを心掛けています」とは店主の惠土靖さん。閑静な町に店を構えて5年。蕎麦と共に旬の味を楽しませる。その蕎麦がまたすごかった。

蕎麦懐石 お昼の店主お任せコース 6600円(内容は季節や仕入れで変わる)

『惠土』の「蕎麦懐石 お昼の店主お任せコース」(内容は季節や仕入れで変わる)6600円の一部。(奥)手挽きせいろ (手前)天然ナラタケのかけ蕎麦 基本的に昼は温・冷の2種。もり汁は2週間寝かせ味を馴染ませる。夜(11000円)は昼の構成をベースに平打ちが加わるなど品数が変わる

1年寝かせた「常陸秋そば」を石臼で何と手挽き。それは細く長くたおやかで、挽きぐるみの力強い穀物香、甘い余韻。手挽きにするといい意味で粉が均一にならず、風味と食感に微妙な変化が出るのだそう。

一途な姿勢の味はもとより、妻の智子さんの気さくなおもてなしもこの店の魅力。夫妻合作の「惠土」は、葉山を目指す理由となる名店だ。

『惠土(えど)』

[住所]神奈川県三浦郡葉山町堀内870-7
[電話]046-876-3625
[営業時間]12時~15時、18時~22時
[休日]木・金
[交通]JR逗子駅から京浜急行バス(海岸回り)で約10分、元町バス停下車徒歩5分

撮影/西崎進也、取材/肥田木奈々

2023年12月号

※2023年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…