SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

高コスパも魅力だが、他店との差別化のために考案された名物があるのも立ち食い蕎麦の醍醐味だ。ここでは一度食べたら常連の仲間入り必至!な、ここだけの美味を置く店を紹介します。

『そば切り うちば』 @青物横丁

香りと甘み広がる丹精込めた”手打ち”蕎麦に脱帽

まずはシンプルなもりそばを試して欲しい。なぜなら店で毎日仕込む正真正銘の手打ち蕎麦なのだ。「値段を気にせず真っ当な蕎麦をお腹いっぱい食べて欲しくて」と店主の中村さん。多い時で日に200人前(!)を打つという。

少し太めのそれを手繰ってみれば、噛むたびに香りと甘みが広がる素朴な風合い。そこへザラメでコクを持たせ、しっかり寝かせたかえしのツユが品良く寄り添う。

そして夏の時期限定がご覧の「胡麻汁そば」。

特製胡麻汁そば 720円

『そば切り うちば』特製胡麻汁そば 720円 キタワセを中心に、国内外の蕎麦粉をブレンドし、二八で打ち上げる。すり胡麻の風味豊かなツユとも相性抜群だ。梅干しとミョウガの天ぷら付き

香ばしいツユが麺のふくよかな風味を膨らませ、さりげなく浮かべたきゅうりの食感も爽やかだ。ダシの風味が立つ温蕎麦に、揚げ立ての天ぷらと、どのメニューからも実直な手仕事が伝わってくる。

『そば切り うちば』

[住所]東京都品川区東品川3-27-24 KAHARA品川1階
[電話]03-6712-3388
[営業時間]9時半~14時半、17時半~21時半(21時LO)※土・祝は昼のみ営業
[休日]日
[交通]京急本線青物横丁駅から徒歩5分

『南天』 @椎名町

”豚肉どっさり”腹ペコも大満足の懐かしい旨さ

始発から終電まで、ほぼ休みなく26年間営業を続ける街の顔。創業から変わらぬ看板が「肉そば( うどん)」で、ツユで炊いた豚コマを、麺が見えないほどどっさり乗せる。

肉そば 450円

『南天』肉そば 450円 閉店から開店までの間に仕込むツユは、隠し味に玉ねぎのエキスを加え自然な甘みを生んでいる。肉そばダブル(肉2倍)は550円

やや平打ちでつるっとした蕎麦を引き出して、肉と一緒に勢いよく啜ればパワフルなのにどこか懐かしい、そんな実家の味を思い出した。

舌にじんわり沁みる甘めのツユは、朝方はあっさりと、夜になれば濃厚にと、そこで煮込む豚肉の量によって刻々と味が変化するのも何度も来たくなる理由。さあて、次はどの時間に行こう。

『南天』

[住所]東京都豊島区長崎1-2-2 アクティスビル1階
[電話]03-5966-3600
[営業時間]5時半〜翌1時半
[休日]無休
[交通]西武池袋線椎名町駅北口から徒歩1分

『加賀』 @初台

注文から作り出す 中までサクサクの”特大かき揚げ”

食券を渡すと「少々お待ち下さい」の声と共に、かき揚げのタネが油に落とされた。待つこと4分でやってきたのが厚さ5㎝はあろうかというこの勇姿。

かき揚げそば 520円

『加賀』かき揚げそば 520円 創業から38年。1日に200人以上の客が訪れる同店のかき揚げは、玉ねぎ、にんじん、ねぎを使い、低温の油で食感よく揚げる

薄い衣をまとったそれは、表面ばかりか中までサクサクだ。歯触り抜群の揚げ立てもいいけれど、食べ進むうちにツユに馴染んだ衣が日高昆布や魚介節の風味を押し上げて、深みがどんどん増していく。

加えてなめらかな麺肌に長さを持たせた蕎麦を啜れば唇も舌も喉も快感!かえしを効かせた温に、すっきりとした冷と、どちらも捨てがたい。

『加賀』

[住所]東京都渋谷区本町1-2-3
[電話]03-3320-8746
[営業時間]7時〜20時、土10時〜16時
[休日]日・祝
[交通]京王新線初台駅北口から徒歩1分

次のページ
『やしま』 @西葛西...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...