SNSで最新情報をチェック

蕎麦を食べる前に、板わさや玉子焼きなどをつまんで杯を傾ける……。そんな「蕎麦前(そばまえ)」をゆっくりと味わえるお店をご紹介します。なんとも気の利いた上質な料理と酒肴でお酒を楽しむ時間は、至福で極楽。〆の蕎麦が、いっそう愛しくなるというものです。

画像ギャラリー

『潮』@西国分寺

上から、海老芋炊き(950円) れんこん蒸し銀杏あん(2800円)
上は最上級といわれる大阪富田林の海老芋。箸がすっと入るほど柔らかく、口の中でほどけるとほんのりきれいな甘みが広がる。下はおろしたれんこんでクエ、車エビ、ホタテ、ゆり根、しいたけなど冬の美味を包んで蒸しあげたもの。銀杏あんをかけ、自家製のからすみを散らして

華麗な料理の数々に蕎麦までの道のりが楽し過ぎて困る

「毎年この海老芋を待ちかねる常連さんが多いんですよ」と教えてくれたのは店主の潮さんだ。
繊細な海老芋は身割れしないようにそっと静かに炊き上げて味を含ませる。その技たるやため息ものである。

潮さんは料亭の元料理長。料理への情熱と知識は計り知れず、そこから生まれるメニューは蕎麦屋の枠を軽やかに超えていく。技ありの一品から何気ないぬか漬けまで、シンプルな中にも料理屋の手仕事が隠れているのだ。壁に貼られたイラスト入りの品書きを見るだけで、あれもこれも食べたい欲望に火が付くこと必至。

あん肝たたき(2000円)
北海道余市産の生でも食べられるあん肝をサッと炙ってたたきに。淡雪のようなふんわりとした食感
スジアラお造り(2500円)
高級魚として知られるスジアラは五島列島から届いたもの。獲ってすぐに放血神経締めにして、1週間ほど熟成。臭みはなく、旨みが強い。手前は焼いた皮を凝らせたもの
焼きそばがき(1200円)
メレンゲのようにふんわりと仕立てた絶品のそばがき。醤油を塗って香ばしく焼き上げれば、そばがきの新たな魅力が見えてくる

最後はしなやかな蕎麦で〆て気分は上々。寒い冬の夜にも、駅へとたどる道々は口福の余韻に包まれて、心はじんわりと温い。

そばぎり(900円)
北海道摩周湖産の蕎麦は細くてしなやか。時期によっては季節蕎麦も楽しめる
日本酒の銘柄は季節によっても変わるが、料理に寄り添うものが中心 
『潮』

[住所]東京都国分寺市西元町2-18-11
[電話]042-359-2898
[営業時間]11時半~14時LO(土~15時LO)、17時~21時(20時半LO)
[定休日]火(祝日の場合は翌日休)
[アクセス]JR中央線ほか西国分寺駅南口から徒歩7分

次のページ
『すぎやま』@洗足...
1 2 3 4 5

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...