MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
神保町顔負け!?新宿の「カレー激戦区」を往く!本あるところにカレー集まる

神保町顔負け!?新宿の「カレー激戦区」を往く!本あるところにカレー集まる

本とカレーの街として有名な神保町に負けず、新宿『紀伊國屋書店』周辺も、オリジナルの味で勝負する美味しいカレー店が集まる激戦区なのです。今度の週末、新宿カレー巡礼はいかがですか?

perm_media 《画像ギャラリー》神保町顔負け!?新宿の「カレー激戦区」を往く!本あるところにカレー集まるの画像をチェック! navigate_next

とにかく多いのである。
はす向かいにはインドカリーで有名な『中村屋』があり、裏手を左に行けば、
『はやしや』『アカシア』、右手に行けばカツカレーが美味しい老舗とんかつ屋の『王ろじ』、そして足元の地下街に降りれば、野菜をたっぷり使う『CLOVER』やシャバシャバカレーの『モンスナック』などなど。

▲写真:レストランはやしやの「牛肉と野菜のシチュー 1230円」



▲写真:アカシア 新宿本店の「鶏もも一枚チキンかつ+ロールキャベツシチュー1貫のセット 1380円」



本を読みながら食事ができるからなのか、『紀伊國屋書店』周辺には本当にカレーの美味しい店が揃う。

中でも個性的な味を求めるのなら、『王ろじ』近くの『ガンジー』と地下街の『珈穂音(カポネ)』はどうだろう。

▲写真:ガンジーの「ビーフカレー 1020円」

「ガンジー」は欧風カレーながらスパイスが際立つキリリとした辛さという、ここにしかない味わい。
また驚くべきは福神漬けとの相性で、甘すぎない福神漬けが、カレーに奥行きを与え、辛さと爽やかさをグッと引き立てる。
まさに名脇役。



▲写真:珈穂音の「ドライカレー 790円」

定食&居酒屋である「珈穂音(かぽね)」の「ドライカレー」は鶏肉、ピーマン、玉ねぎがほどよく入る、家庭的で懐かしさを感じさせるひと品。
定食屋なこともあり、味噌汁が付いてくるのもいい。



本を片手にカレー屋を巡り、自身の好みのカレーを見つけ出してみてはいかが。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
これほど男心をくすぐるメニューもそうはないハズだ。カツとカレー。かぐわしく食欲をそそり、パンチも十分。とんかつ店からビストロまで、男を誘う逸品を紹介する! 撮影/瀧澤晃一 取材/池田一郎
カツ丼と並び、とんかつをより魅惑的にするカツカレー。その歴史は意外に古く、元祖的な店がいくつかあるのをご存知だろうか?そこでカツカレーの歴史をひも解きながら、その味がいかに普及に貢献していったのかを大調査! 撮影/谷内啓樹 取材/編集部
カレーの魅力は無限大。つまりカレーはどんどん進化するメニュー。そんな進化し続けるカレーには、本格インドの味わいから、日本独自に生まれたミックス系のものまでさまざま。なかでも東京で注目されているカレー店をフィーチャーします!撮影/西崎進也、貝塚 隆(プラウマカレー、Blakes)  取材/岡本ジュン
新宿エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたカレー店をご紹介!老舗の「カツカレー」から人気店の「なすチキン カレー」まで!
本格とか、インド原理主義とかではなく、日本で歴史を刻んだ〈カレーライス〉は、もはや私達の国民食であり、かけがえのない宝物。これぞ名作と言わしめる、そんな至宝のカレーたちを徹底解剖します!
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル