MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
洋食屋大越|肉の旨み十分“むっちり”バーグ(洋食/麻布十番)

洋食屋大越|肉の旨み十分“むっちり”バーグ(洋食/麻布十番)

店舗の改装もあったが、麻布十番で53年続いている洋食店。太麺を使ったスパゲッティと並ぶ人気メニューのハンバーグは、表面を焼いた後、自家製デミグラスでじっくり煮込むタイプ。洋食屋 大越 (オオコシ)[交]東京メトロ南北線・大江戸線 麻布十番駅6番出口より徒歩1分。 ※ランチタイム有

洋食屋大越(最寄駅:麻布十番駅)

太麺を使ったスパゲッティと並ぶ人気メニューのハンバーグは、表面を焼いた後、自家製デミグラスでじっくり煮込むタイプ。むっちりとした食感で、しっかり染み込んだコクのあるソースと肉の旨みが重なり合うマイルドな味わいが、クセになる旨さ。

ハンバーグ(ライス付き)
770円

洋食屋大越

■洋食屋大越
[住所]東京都港区東麻布3-4-17
[TEL]03-3583-7054
[営業時間]11時~20時(土~15時)
[休日]日、年末年始
[アクセス]東京メトロ南北線・大江戸線 麻布十番駅6番出口より徒歩1分。

電話番号 03-3583-7054
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
戦前から続く食堂を経て、ステーキがメインの洋食店へ。肉の筋と脂を取り除く駄敏丁カットは特許技術で、噛むほどに肉の柔らかさを実感する。
「うちは洋食屋ですが、その前に美味しいグラタン屋でありたいんですよ」そう話す店長の大友さん。最後のひと口まで飽きることなく食べられるグラタンの味を追求してきた。
フランス版おふくろの味と言える「仔羊の煮込み」はフランス語ではナヴァラン・ダニョー。ダシを使わず、野菜と白ワインで仔羊を柔らかく、柔らかく煮込む。
近年、さまざまな味付けのサバ缶が増えているが、洋風サバ缶の代表格といえば「トマト味」。 なんとなく「トマト系サバ缶って、想像のつく味……」というイメージがあるけれど、昨年、そんな既成概念を覆す、とんでもない商品がデビューした。 それが、千葉県銚子に位置する「信田缶詰」の「BISTORO缶 美味しいトマトとさば」だ。
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かプレオープンか、オープン当日だったはずだ……。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt