SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

マツコ・デラックスさんがMCを務める人気番組『マツコの知らない世界』(TBS系)は、いろんなジャンルのゲストを招き、軽妙なやり取りとともに、ゲストの得意分野を深く掘り下げて紹介する内容が魅力です。今夜12月5日(午後8時54分~)の放送では、「シン・新大久保の世界」が取り上げられます。『おとなの週末Web』でもこれまでに、“コリアンタウン”としての側面だけでなく、いろんな角度から「東京・新大久保」に関するお店を紹介してきました。ダイジェストの記事で、耳よりな情報を振り返ります。

コリアンタウンのイメージなのに、ネパール料理も人気!

新大久保で遭遇できる料理は多国籍なれど、今一番勢いがあるのがネパール料理!!世界の屋根“ヒマラヤ山脈”擁するこの国のエベレスト……ネパール語でサガルマータ並に頂き高き料理に迫ってみた!

『セクワガル』回るセクワをガブッとかじり 打つ舌鼓!

『セクワガル』セクワ盛り合わせ

セクワ盛り合わせは、豚、羊、鶏、鴨、ソーセージ、ニンニクの6本。各串の味付けも違う。ワイルドな歯応えのスクティは、マリネした山羊の干し肉と野菜のスパイス炒め。フライドモモはいわばネパールの揚げ餃子。いわゆるカレーや麺類も多種有。

[住所]東京都新宿区北新宿3-1-3 クラウンビル102
[営業時間]11時半〜23時LO(ランチは~16時)
[休日]無休

『セクワガル』

キレイで洒落た店内。店名にも引用されているネパールの串焼きセクワを筆頭に、バラエティに富んだメニュー。最初に行く新大久保ネパール料理店として絶対オススメなのが『セクワガル』だ。このセクワは、中国東北地方の串焼店などでもたまに見かける卓上自動回転串焼き機で仕上げる。

目の前でクルクル回り、焼けていくエンターテンイメント性もラムロ(ネパール語でグットの意)!料理のお味もラムロだが、驚いたのは、ネパール産のラム酒「ククリラム」(グラス500円)のすごさ。カリブのスモールバッチラムか?と見紛う甘い香りと角の取れた口あたり。これがスパイスの効いたネパール料理とスーパーマッチ。スピリッツ好き必呑!!

・韓国料理だけじゃない!新大久保で本場のネパール料理を堪能
https://otonano-shumatsu.com/articles/328743

次のページ
2023年の新語・流行語大賞にノミネートされた「10円パン」...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…