×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・三軒茶屋の和食店『おひつ膳 田んぼ 三軒茶屋店』です。

精米したて握りたて。実直なおいしさが心に響く

この何気ないおにぎりに、どれだけの想いが詰まっているか。店主・岡野さんの米にかける愛は果てしない。米はさまざまな品種を全国の産地から。毎月4~5品種が順次登場する。自らも新潟県十日町市で米作りに携わり、さらには店の屋上に水田まであるというから驚く。だって、ここ三茶よ?

創業は1996年、代々木に本店を持つ。一貫しているのが、毎日精米したて、炊きたて、握りたてを供すること。「それが最善の仕立てだから」。

加えて、精米の仕方が旨さの要だという。ヒビ入りや細かいものは繋ぎになってしまうため省き、省いた米は米粉にして無駄にしない。特注釜でピンと粒の立ったごはんを炊き上げる。

『おひつ膳 田んぼ 三軒茶屋店』 火入れ後、30分かけて蒸気圧で米を膨らませる

さらに、初摘みの有明海苔は極限まで強く焼き、伯方の塩は火を入れてサラサラに。これらの丁寧な仕事から生まれる“にぎりたて”は、涙が出るほど旨い。

『おひつ膳 田んぼ 三軒茶屋店』(右から)もろみじゃこ 275円、うなぎ 370円、明太子 295円、みそ汁 250円
ここではおにぎりを“にぎりたて”という。具の鰻は鹿児島、明太子は博多から。会津のしそもろみ味噌にはちりめんじゃこを混ぜ、いい塩梅に

ほろりとほどけて米一粒ひと粒の味わいが感じられ、国産の旨いもんを厳選した具材との調和も完璧だ。「30年やっていると、当たり前の中に突き詰めたこだわりが出せる」と岡野さん。店の心がひしと伝わってくる。

【おにぎりDATA】
米:特別栽培米
塩:伯方の塩
海苔:佐賀有明の初摘み
重さ:約150g(具入り)

『おひつ膳 田んぼ 三軒茶屋店』

東京・三軒茶屋『おひつ膳 田んぼ 三軒茶屋店』

[住所]東京都世田谷区三軒茶屋1-29-10
[電話]03-3421-4001
[営業時間]9時~20時LO(※土・日・祝8時~)
[休日]水 ※田植え、稲刈り期は臨時休業
[交通]東急田園都市線三軒茶屋駅南口Bから徒歩約5分

撮影/鵜澤昭彦、取材/飯田かおる
※2023年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…