MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
グリル・エス(洋食/馬車道)|高級ロースハム・エビがゴロゴロと入った心躍るオムライス

グリル・エス(洋食/馬車道)|高級ロースハム・エビがゴロゴロと入った心躍るオムライス

グリル・エスの美しく大きなオムライスに初めての人はきっと目を見張るだろう。卵4個、ライス300g以上と圧巻のボリューム。[アクセス]みなとみらい線馬車道駅5番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

グリル・エスのオムライス(最寄駅:馬車道駅)

 「満足してほしいから量が多めなの」。そう笑うのは2代目の鈴木美恵子さん。母が始めた洋食店を守り、創業61年になる。

 夜はA5ランクの和牛を使うステーキが主体。上質な食材を重視するため、オムライスにも並々ならぬこだわりがある。ケチャップライスの主役は最高級のロースハムとエビ。卵白と黄身を別々に混ぜ、最後に合わせて焼くことでふわふわの仕上がりに。優しい丸みの楕円形のフォルムにも、その道32年の料理人の技の高さがうかがえる。

オムライス
1290円

オムライスは惚れ惚れするほどの焼き上がり。焼く前にフライパンを煙が出るまで熱した後、少し冷ましてから卵を入れると焦げ目なくきれいに焼ける。ケチャップライスの具は角切りにしたロースハム、エビ、マッシュルームなど。炒める時に酒を振りかけて適度にパラッと仕上げる。夜はオムライス1品だけの注文は不可

カニコロッケと牛ロースの盛合せ
2160円

タラバガニを使ったカニコロッケとニンニク醤油で味付けされたA5ランクの和牛ロース肉

[その他のメニュー]
ポテトサラダ1080円、ビーフストロガノフ2160円、舌平目グラタン2160円、ハンバーグ・ステーキ1620円、ビーフシチュー2160円、サーロインステーキ(200g)5400円など

グリル・エス

■『グリル・エス』
[住所]神奈川県横浜市中区相生町5-89
[TEL]045-681-2581
[営業時間]11時半~13時45分LO、17時~21時半LO、土曜日・祝日:11時半~13時45分LO、17時~20時45分LO
[休日]日曜日、祝日の月曜日
[座席]1階テーブル30席、2階座敷30名、計60席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし
[アクセス]みなとみらい線馬車道駅5番出口から徒歩3分

電話番号 045-681-2581
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
戦前から続く食堂を経て、ステーキがメインの洋食店へ。肉の筋と脂を取り除く駄敏丁カットは特許技術で、噛むほどに肉の柔らかさを実感する。
「うちは洋食屋ですが、その前に美味しいグラタン屋でありたいんですよ」そう話す店長の大友さん。最後のひと口まで飽きることなく食べられるグラタンの味を追求してきた。
フランス版おふくろの味と言える「仔羊の煮込み」はフランス語ではナヴァラン・ダニョー。ダシを使わず、野菜と白ワインで仔羊を柔らかく、柔らかく煮込む。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt