SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・築地の海鮮おにひり屋『丸豊』です。

具材もたっぷりが築地の粋!市場常連と観光客が押し寄せる

“うまくてにっこり、でかくてびっくり”。それがこの店のモットーだ。開業したのは今からちょうど20年前。「最初は場内で働く人がほとんどだったけど、市場がなくなった今でも昔からの常連さんはもちろん、観光客もたくさん来てくれるよ」と店長さん。

1日に使う米は少なくとも40升(!)。炊き上がったばかりのツヤツヤの米をベテランのお母さん達が早朝からせっせと握って店頭へ。

おぼろ昆布(たらこ)253円、たこ飯 253円、いくら正油 390円

『丸豊』(左)おぼろ昆布(たらこ)253円、(真ん中)たこ飯 253円、(右)いくら正油 390円 具材はたっぷり入るが、味は濃すぎず主役の米を引き立てている

まだほの温かいそれを持てば、ずっしりとした重量感も頼もしい。具材は鮮魚店が直営するだけあって、鮭や筋子などの定番の他にも、たこ飯、穴子、焼き鯵と築地らしいおにぎりも満載。どれにも共通しているのが米の旨さだ。冷めても固くなりすぎないよう、少しだけ水分量を多く炊くのがコツだとか。

具材も表面にまぶす塩の加減もおだやかで、米自体の甘みが舌にじんわり広がってくる。土地柄、インバウンド客も大勢いて買ったそばから舌鼓。この旨さ、きっと世界も認めるはず。

【おにぎりDATA】
米:新潟県産コシヒカリ
塩:粗塩
海苔:厚みや大きさ、香りを指定した専用海苔
重さ:190グラム前後

『丸豊』

東京・築地『丸豊』

[住所]東京都中央区築地4-9-9 
[電話]03-3541-6010
[営業時間]6時〜売り切れ次第終了(13時半頃)
[休日]休市日
[交通]都営地下鉄大江戸線築地市場駅A1出口から3分

撮影/橋本真美、取材/菜々山いく子
※2023年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery

関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…