MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
町田で昭和62年から続くカツカレーの名店|アサノ(カレー/町田)

町田で昭和62年から続くカツカレーの名店|アサノ(カレー/町田)

 昭和62年から続くカツカレーの名店だ。ご主人が先代とともに研究したカレーにはホテルの味、東南アジア仕込みのスパイス、和のテイストも加わって、さらさらしながら深い味わい。

perm_media 《画像ギャラリー》町田で昭和62年から続くカツカレーの名店|アサノ(カレー/町田)の画像をチェック! navigate_next

アサノ(最寄駅:町田駅)

手間と素材にこだわったリッチな旨さ!

神奈川県名産の「高座豚」には上品な旨みがあって、カレーと一緒になるとさらに旨い。カレーに溶け込んだ肉、別に茹でられたジャガイモやニンジン。あぁスプーンが止まらない。

リッチなカツカレー
1450円

ブイヨンに丸1日、カレーペーストに1日半。丸4日かけて仕込まれる

リッチなエッグカレー
1000円

よりスパイシーなチキンカレーに半熟の卵がのる

[その他のメニュー]リッチなポークカレー950円、リッチなチキンカレー950円、大盛カレールゥ200円増し、大盛ライス100円増し

お店からの一言

店主 浅野信三さん

「一つひとつの材料にもこだわってます」

アサノ

『アサノ』
[住所]東京都町田市原町田4-5-19 町田仲見世飲食街 [TEL]042-729-7258 [営業時間]11時半~14時(並んだ人まで)、17時~20時(売り切れ終了) ※ランチタイム有 [休日]水曜日・木曜日 [座席]カウンター7席/禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR横浜線ほか町田駅ターミナル口から徒歩3分 [個室]なし [子供]カウンターのみなのであまりおすすめできません

電話番号 042-729-7258
2017年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
巣ごもりの食生活で何かと便利なのがレトルト食品。中でも食べた満足感が特に高いのがカレーではないでしょうか。スーパーには多くの商品が並んでいますが、『おとなの週末』ではちょっとリッチな「無印良品」推し! 41種類から選んだ人気3品+1はコレだ。
ダシを使うことが多い大阪のスパイスカレー。だがこちらはあくまで現地の味にこだわる。
メニューの大半が南インド・ケララ州の料理というこちらの看板は、もちろんカレー。皿に副菜がのった「ミールス」で提供される。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル