SNSで最新情報をチェック

改札内外のあちこちに飲食店がある東京駅。店探しをするだけでも大変です。そこで、新幹線の改札口から近いところを中心に大調査しました。今回は、東京駅改札外にある「グランスタ八重北」の地下1階『黒塀横丁』と2階『北町酒場』。良酒・酒肴を楽しめるお店をご紹介します。

改札外『黒塀横丁』 @グランスタ八重北/地下1階

丸の内と八重洲を結ぶ、北地下自由通路沿いにあるエリア。大人の雰囲気が漂うも、リニューアル後は活気ある店も登場。

『黒塀横丁』

『英國酒場 シェイク&チップス(Shake&Chips)』

進化系パブフードと遊び心を満喫!

表参道の人気パブが東京駅にリニューアルオープン。音楽にパブフード、お酒にスイーツまで、UKカルチャー好きのスタッフの“好き”が集まったゴキゲンな場所になっている。まず見逃せないのは、名物の「フィッシュ&チップス」。

ギネス生 880円、フィッシュ&チップス 1580円

『英國酒場 シェイク&チップス(Shake&Chips)』(奥)ギネス生 880円、(手前)フィッシュ&チップス 1580円 マヨネーズあっさりめで混ぜ置きしないタルタル、シェリービネガーも合う

ハーブやスパイスのスープに漬け込んだタラの身を使い、生ビールと衣を合わせてその場で揚げる。ふんわりサクッの食感がたまらない。そしてビールはもちろん、ドリンクが多彩だ。ひと癖アリのラフロイグに赤い果実を合わせたハイボールあり、自家製シロップを使ったサワーあり……とオリジナルドリンクも充実。

そして忘れちゃならないのが「ミルクシェイク」!近年UKの若者にブームというスイーツだ。特製マシンを使った口当たりがなんともなめらかで、アクセントにアルコールも使った大人味。カリッと揚がったポテトをつけても旨し。ともかく使い勝手抜群の楽しさだ。

『英國酒場 シェイク&チップス Shake&Chips』

[住所]グランスタ八重北地下1階 
[電話]03-6419-7773
[営業時間]11時〜23時(22時LO、ドリンク22時半LO)
[休日]施設の休館日に準ずる
[交通]グランスタ地下北口から徒歩1分

『ヌードルハウス ランドリー』

クラフトビール×アジアンが楽し過ぎる

東京駅は多種多様な人々が行き来する玄関口。その場所にふさわしく、いろんな文化がカオスのように交差して賑わいを見せる。そんな“ストリート酒場”の楽しさは健在である。多彩に揃うドリンクの中でもまずおすすめしたいのが、15タップある樽生のクラフトビールだ。

日々入れ替わるビールは個性豊かで、ほぼ全都道府県のこだわりのブルワリーをフォローしている。そこにアジアンのユニーク&刺激的な料理各種を合わせるのがまた楽しいのだ。

バインセオ 650円、DD4D BREWING 人魚と指輪 830円

『ヌードルハウス ランドリー』(左)バインセオ 650円 新鮮なハーブ野菜で包んで食す (右)DD4D BREWING 人魚と指輪 830円 ビールにはレモンとゆずの風味あり

たとえばタイ料理のパッキーマオをアレンジした「アサリの激辛炒め」にはヘイジーIPAのなめらかな丸み。ヘルシーエスニック感ありなベトナム風お好み焼き「バインセオ」には、どこか柑橘ぽいゴーゼスタイル等々。気軽におすすめを聞いてもよし。難しいこと抜きでいろんなペアリングがあれこれ愉快。〆にもつまみにもなる15種類のアジアの麺ももちろんイチオシ!

『ヌードルハウス ランドリー』

[住所]グランスタ八重北地下1階
[電話]03-6256-0339
[営業時間]11時〜23時(22時LO、ドリンク22時半LO)
[休日]施設の休館日に準ずる 
[交通]グランスタ地下北口から徒歩1分

『月島もんじゃ たまとや 東京駅』

ダシの旨みが自慢の大迫力もんじゃで一杯

明治4年創業の豊洲水産仲卸直営で、「酒と肴ともんじゃ」がコンセプトの行列店。もんじゃは魚介、鶏ガラ、香味野菜を合わせて毎朝炊き上げる自家製ダシが自慢で、スタッフが目の前で焼き上げてくれる。大ぶりな明太子が丸ごと1本ドンとのった一番人気「明太子もんじゃ」は必食だ。豊洲直営ならではの海鮮の肴も魅力。わいわいグラスが進むこと間違いなしだ。

明太子もちもんじゃ丼 1628円、明太子もちもんじゃ茶碗(ハーフ) 858円、いか墨もんじゃ茶碗(ハーフ) 913円、いか墨もんじゃ丼 1738円

『月島もんじゃ たまとや 東京駅』(左から)明太子もちもんじゃ丼 1628円、明太子もちもんじゃ茶碗(ハーフ) 858円、いか墨もんじゃ茶碗(ハーフ) 913円、いか墨もんじゃ丼 1738円

[住所]グランスタ八重北地下1階
[電話]03-6256-0059
[営業時間]11時〜23時(22時LO、ドリンク22時半LO)
[休日]施設の休館日に準ずる
[交通]八重洲北口から徒歩1分

『パーラ(PARLA) 東京駅店』

大人なクレープがショットに合う!

一見ヨーロッパの街角にあるパティスリーのようなシックな外観。実はクレープスタンドだ。ただし、クレープといってもそのイメージはレストランのデセールに近し。なんともリッチな “大人のクレープ”だ。しかも店内にはラムやウイスキーなども用意され、ショットグラスで一緒に楽しめる。

イチローズモルト&グレーン 1320円、ピスタチオマスカルポーネグリオットバニラ蜂蜜 1480円

『パーラ(PARLA) 東京駅店』(左)イチローズモルト&グレーン 1320円、(右)ピスタチオマスカルポーネグリオットバニラ蜂蜜 1480円 ピスタチオの緑とキルシュに浸けたチェリーの赤、色合いも美しい

おいしさの秘密は、まず乳脂肪分47%の生クリーム。ミルキーでコクがあるけどとっても口溶けよし。生地には皮ごと砕いたナッツや米粉、少量のラムも加えられて香りよく、もちっとした食感だ。そしてそこに包み込まれる具材の組み合わせがワクワクするようなものばかり。

例えばピスタチオとマスカルポーネのクリームの風味に、甘酸っぱいグリオットチェリー。ハチミツやホワイトチョコクランチもアクセントに……。見た目も食感にもこだわって、甘いだけじゃないエレガントな味わい。キュッと一杯やりながらぜひ合わせたい!

『パーラ(PARLA) 東京駅店』

[住所]グランスタ八重北地下1階
[電話]03-6810-2735
[営業時間]10時〜22時 ※土・日・祝は〜21時
[休日]施設の休館日に準ずる
[交通]グランスタ地下北口から徒歩1分

『うなぎ 四代目菊川』

炭火でバリッと焼かれた一本重が大迫力

昭和7年創業の名古屋のうなぎ問屋が直営。推しは、蒸すことなく備長炭の強い火でバリッと焼かれた、名物「蒲焼き一本重」だ。皮目は香ばしく、ふわっと肉厚、とろっと脂がのっている。切らずに1本なので旨みが閉じ込められ、部位ごとの旨さが熱々で味わえるのも醍醐味だ。うなぎの肝焼きや卵焼き、焼けるのを待ちながら一杯やる一品料理にもこと欠かない。

蒲焼き一本重 5280円〜

『うなぎ 四代目菊川』蒲焼き一本重 5280円〜

[住所]グランスタ八重北地下1階
[電話]03-6812-2121 
[営業時間]11時〜23時(21時半LO)
[休日]施設の休館日に準ずる
[交通]八重洲北口から徒歩1分

次のページ
改札外『北町酒場』 @グランスタ八重北/2階...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…