SNSで最新情報をチェック

待ってたよ~待ってました!クツクツとダシの海で色んなおでん種が泳ぐさまは、まさに冬の風物詩。いわゆる専門店じゃなくても美味なるおでんはあるんです!今回は、この手もあったか!な個性派店をご紹介します。

『WHY BEER?』 @代々木上原

味噌のコクと麦芽の甘みの掛け算が食欲を直撃!

どうして、ビールなの?まるで店名が、訪れた客の気持ちを言い当てているかのようだ。チェコのビール「ピルスナー・ウルケル」を提供するビアパブだけに、現地の料理が品書きを彩るのは当然。

だがもうひとつの名物、ウルケルに抜群に合うと店主・志田さんが胸を張るのが、漆黒の名古屋おでんとは!

ピルスナーウルケルハラディンカ(レギュラー) 750円、名古屋おでん8種盛り合わせ 1980円

『WHY BEER?』ピルスナーウルケルハラディンカ(レギュラー) 750円、名古屋おでん8種盛り合わせ 1980円 ハラディンカは、伝統的なチェコの注ぎ方。おでんの具は厚揚げやはんぺん、牛すじなど

「日本で2社しか作っていない、忠実な伝統製法による八丁味噌をおでんダシに使っています。そのコク深い風味が、ウルケルのカラメルのような甘みと絶妙にマッチするんです」。確かに、これは合わせ出したら止まらない。ウルケルのバランスのいい飲み口も手伝って、ひと皿をペロリと平らげてしまいそうだ。

そのウルケルも、泡を楽しむ「ミルコ」など注ぎ方で飲み口が変わる。おでんとチェコ料理を行きつ戻りつ、ピルスナービールの元祖といわれる味わいを心ゆくまで楽しみたい。

『WHY BEER?』

[住所]東京都渋谷区上原1-35-5 第2上原堂ビル1階
[電話]03-6407-9318
[営業時間]17時〜23時(22時半LO)※土は16時〜、日16時〜22時(21時半LO)※チェコ料理のLOは閉店時刻の1時間前
[休日]月
[交通]小田急線ほか代々木上原駅南口2から徒歩2分

『えんらい』 @渋谷

ゆるゆる愉しむおでん×燗酒は冬の最強ペアリング

寒い冬に燗酒とおでん。多くの人が心躍るシチュエーションだ。そんな気分になったら、ぜひ大衆酒場『えんらい』へ。晩秋から春先まで季節限定で登場するおでんがおいしいのに加えて、燗番で店主の坂嵜透さんが、おでんや肴と楽しめる日本酒を選んでくれるからだ。

玉櫻 山廃純米五百万石(八尺徳利) 800円、おでん5種 1250円

『えんらい』(奥)玉櫻 山廃純米五百万石(八尺徳利) 800円、(手前)おでん5種 1250円 「ダシが染みやすいから」との理由でロールキャベツではなく、ロール白菜をオンメニュー

カウンターに佇んでお燗の番をする坂嵜さん。「うちのおでんはダシがよく染みているので、その旨みを堪能してもらえるように酸がしっかりした銘柄を選んでみました」。「玉櫻山廃純米五百万石」の食欲をそそる酸は、燗できれいに立ち上がる。すかさず杯はすぐに空き、思わずおでんをつつく速度も速くなってしまう。

料理は他に、刺身や焼物に揚げ物など。これらもやはり、燗酒とともにゆるっと楽しみたい。たとえば人気のメンチカツには、純米にごりを。独特の粘度がまるでソースのようで、これがまたピタッと合うのだ。

『えんらい』

[住所]東京都渋谷区渋谷2-8-7 青山宮野ビル1階
[電話]03-6805-0343
[営業時間]18時〜23時(フード22時LO、ドリンク22時半LO)、土14時〜21時(フード20時LO、ドリンク20時半LO)
[休日]日、祝日の月
[交通]地下鉄半蔵門線ほか渋谷駅B5出口から徒歩8分

次のページ
『しみる 丸の内』 @東京駅...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…