SNSで最新情報をチェック

昨年秋、1か月ほどイタリアを旅してきました。コロナ禍を経て久しぶりの海外旅行。日本では体験できないこと、ありえないことが続出のイタリアひとり旅でした。その様子は“世界遺産・アマルフィの「おっぱい噴水」ってなんだ?”として、おとなの週末Webに書かせていただきました。そして今回も、日本人の常識(?)とはやや異なる、ローマで体験したカルボナーラのお話です。

ピッツァといえば「ナポリは丸形」「ローマは角形」

5年ぶりに訪ねたローマ。おいしいものは数多くあるのでしょうが、ひとり旅のジジイは敷居の高いリストランテよりも、ファーストフードに近いカジュアルな店での食事が楽しみです。

たとえば、ローマ名物といえば「切り売りピッツァ」。ピッツァといえばナポリですが、あちらは丸形。けれど、ローマでは、大きな角形のピッツァを四角く切り、量り売りしたものが人気で、すでに立派なローマ名物だそう。

ローマ名物の切り売りピッツァ。四角く焼かれたものを量り売りしてくれる

専門店も多く、なかでも行列が絶えないのが、「ボンチ」(Bonci)というお店。地下鉄でいうと、バチカンの最寄り駅「オッタヴィーアーノ」の西寄りのひとつ先の駅「チプロ」駅前に本店があるのですが、驚きの70人待ち。

ならばと、徒歩15分ほどの支店で人気の味にありついたジジイでした。見た目も麗しい野菜たっぷりのピッツァは、冷凍食材を一切使わないというこだわりで、バリエーションの豊富さも人気の秘密のようです。たしかに超うまい!

待ち人が絶えない切り売りピッツァの人気店「ボンチ」。本店はバチカンの北西
「ボンチ」のピッツァ。量り売りの最小サイズは1枚5ユーロ前後
次のページ
「絶品のカルボナーラ」を目指して、ランチタイムに一番乗り!...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

沢田浩
沢田浩

沢田浩

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…