SNSで最新情報をチェック

この噴水、女性のお乳から水が勢いよく流れ出ております。イタリアはナポリからほど近い世界遺産の町・アマルフィにある「聖アンドレアの泉」(フォンターナ・サンタンドレア)での光景です。通称は「おっぱい噴水」。そのものずばりの言い方ですが、世界にはいろんなものが存在するのですね。そんな不思議を訪ねてのイタリア旅からのレポートです。

世界遺産の町「アマルフィ」のど真ん中に鎮座する「おっぱい噴水」

いまでは、AIがなんでもつくってくれる世の中ですが、この「おっぱい噴水」は決してAI画像でもなければ、フェイク画像でもありません。別の角度からの写真もしっかり撮ってきました。もちろん動画もございます。

「おっぱい噴水」の動画=右側から
「おっぱい噴水」の動画=左側から

どうでしょう? 右から見ても、左から見ても、お乳から水があふれ出ております。実在することがおわかりいただけたかと思いますが、これ、いまの日本にあったならば、「セクハラ!」「性差別!」と、かなりな問題になっているのではないでしょうか。

しかし、ここはイタリア。なんと、260年ほど前からこの地(この乳ではなく……)に存在していたのです

「おっぱい噴水」は通称で、「聖アンドレアの泉」がその名称

アマルフィは南イタリア屈指の人気観光地で、ティレニア海に突き出たソレント半島に位置します。リゾート地としても超人気で、その美しい海岸線はユネスコの世界文化遺産にも登録されています

美しい海岸線が続く世界遺産の町・アマルフィ

アマルフィの町は古代から海洋貿易で栄え、10世紀から14世紀にかけて建てられた大聖堂は、「聖人アンドレアの複合記念建造物」として、現在ではアマルフィ観光の中心的なスポットとなっています。はい、大階段があることでも有名なところです。

アマルフィ観光の中心スポットであるアマルフィ大聖堂

そんなアマルフィのど真ん中に、このおっぱい噴水はあるのです。いいえ、いいえ、ど真ん中どころか、アマルフィ大聖堂の目の前の広場に堂々と存在しているのです。

「おっぱい噴水」はアマルフィ大聖堂の真ん前にある

噴水はいくつかの大理石彫刻(たぶん……)で成り立ち、中央に立っている方こそが、聖人アンドレアさま。イエス・キリストの12人の使徒のひとりとされ、アマルフィの町の守護聖人。漁師や船乗りの守り神とされてきた存在だということです。

それほどのお方の足元にある泉こそが「聖アンドレアの泉」であり、地元の伝承によれば18世紀後半、1760年頃につくられたものとのことでした。

「おっぱい噴水」の上部に立つのが聖人アンドレアさま

つまり、「おっぱい噴水」はじつに260年以上もの間、この地でお乳から水を泉に注いでいたのです。もはやあっぱれ!エロとは無縁の歴史的アートといえるのではないでしょうか。

ちなみに、この噴水からの水、なんと飲めるそうです。オイラが見ているときにも、お乳以外のところから出ている水を飲んでいらっしゃる方もいました。ただし、「お乳に口をつけて飲む方」は残念ながら現れませんでした。

噴水の水は飲めるそう。ただし、お乳から飲む人は少ないかも
「おっぱい噴水」の前では記念撮影する人が絶えない
次のページ
「おっぱい噴水」は、アマルフィ以外にも!...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

沢田浩
沢田浩

沢田浩

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…