SNSで最新情報をチェック

2023年が好調だった人も不調だった人も、気持ちも新たに新年を迎えているはず。そんな2024年スタートの1月は別名「天の星」「太陽の星」といわれる六白金星。何を置いてもまずは「明るさ」「前向きさ」「正しさ」がすべてのカギに! そんな1月の気をバックアップしてくれる開運メシは!?

開運メシ
開運メシ

「気」を知り「運」の流れに乗る! まず知っておきたい2024年1月の全体運

新しい1年が始まりました。スタートの月を司るのは「六白金星」。

「天の星」「太陽の星」の別名を持つ六白金星の気に乗るポイントは、「明るさ」と「前向きさ」、そして1点の曇りもない「正しさ」だ。今月はぜひ堂々と顔をあげて前を向いて進むことが大切!

また1月は、今年1年の目標を立てたり、「今年は○○をする!」と何かを決める人も多いとき。だが、それとは別に、仕事なのか? 人間関係なのか? コトの大小は人によって違うけれど、それぞれに何か「決断しなければなないこと」が出てきそう。

そのときには、決して人の意見に振り回されることなく、自分にとって明るく前向きで正しいと思う決断をすること!

【2024年1月の開運メシ】前向きな選択!迷わず「豚肉料理」を選ぶべし

そんな六白金星の気を後押ししてくれるのが、六白金星の食象意の「豚肉料理」

ちょっと思い出してほしい。レストランでメインディッシュを選ぶとき、大抵の肉料理の場合、「牛」「豚」「鶏」「鴨」あたりから選ぶのではないだろうか? そして大抵の人は毎回「その日の気分」「カロリー」「食感」「周囲の人が何を選ぶのか」が気になって迷う(笑)。でも今月はぜひ迷わずスパッと「豚肉」を選びオーダーを!

私たちは日々、無意識にさまざまなことを選択し決断しながら生きているもの。朝起きた瞬間から「歯を磨く」「トイレに行く」……ルーティーンのように見える行動でさえ、「私はこうする」という無意識な選択と決断の連続にほかならない。

でも「六白金星」が司る1月は、意識的に何かを「決断」「決定」していきたい。中にはちょっぴり大きな……人生を左右するような、あるいは自分以外の人を巻き込むような決断もあるかもしれない。そのときにポイントになるのが六白金星の象意である「明るさ」「前向きさ」「正しさ」だ。

今月は自分が明るく前向きでいられる選択をすること。それがまた自分にとっての正しい決断にもなるはず!

次のページ
オススメの開運メシをチェック!...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

鈴木 彩夏
鈴木 彩夏

鈴木 彩夏

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…