SNSで最新情報をチェック

立春から2024年が本格的に始動する2月は、「人間」そのものを象徴する五黄土星がリードしていく。五黄土星の「愛」に満ちた気を感じることもあれば、「我欲」にまみれる気を感じることも。2月は自分の中に存在する陰陽に気づかされることで「自分をリセットする」チャンスになりそう。そんな2月を「きのこ料理」が後押しする!

開運メシ
開運メシ

「気」を知り「運」の流れに乗る! まず知っておきたい2024年2月の全体運

2月4日に立春を迎え、本格的に2024年が動き出す

今年1年を司る「三碧木星」という星がせっかちなため、すでに2024年らしい現象が起こり始めている中、「今年1年をどう歩いていくのか?」その準備をするための1ヶ月にふさわしく、2月は「五黄土星」中宮の後天定位盤でスタートする。

「愛」「欲」「我」など人間に備わっている質をすべて含む「五黄土星」。その気が世の中を包み込む中で、それぞれの星が自分を見つめ直し、自分をリセットすることに出合いそう。時にはイライラ、クサクサする出来事もあるかもしれないが、むしろそれが本来の自分に気づくきっかけになるはず。

まずはどんなことも笑顔で受け止めてみよう!

【2024年2月の開運メシ】「きのこ料理」がリセットのチャンスをサポート

九星には「陰陽」の質が含まれている。それは、相反する「陰陽」の質が私たちの中に丸ごと内在しているということ。

ただ、同じ星を持つ人でもその時その場面、状況などによって出し方が違うため、人間性の違いを感じることになる。たとえば五黄土星。「愛」に生きる人もいれば、ひたすら「欲」に走る人もいる。人生の悦びを象徴する七赤金星には、「与え続ける」人もいれば、ないものばかり「追いかけ続ける」人もいる。どちらを生きても間違いではないけれど、自分が持つ本来の星の質をどう活かして生きるか? が大切になる

そこで2月の開運メシは、五黄土星の食象意から「きのこ料理」をチョイス! 「松茸」のように貴重な扱いを受けるものもあるが、どちらかといえば「きのこ」は添え物的なポジションの食材かも。

でも「種類」や「旨み」に関しては、主役の食材に決してひけをとらない。もし、鍋料理に椎茸やしめじ、えのきが入っていなかったら、ちょっと物足りない気持ちになるはず。きのこがきのこのままで必要とされるように、私たちも私たちそれぞれに活かせる質があり、役目があり、存在意義がある。きのこを食しながら自分と向き合う。2月はぜひそんな1ヶ月に!

次のページ
オススメの開運メシをチェック!...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

鈴木 彩夏
鈴木 彩夏

鈴木 彩夏

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…