MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
飯田橋で人気のおすすめランチ!コスパもいい4選

飯田橋で人気のおすすめランチ!コスパもいい4選

思わず食べたくなる「おすすめのランチ情報」を、写真付きでまとめました!ひとりで平日の仕事の合間に訪れたり、お休みの土曜日に友人や家族と訪れたり。ランキング常連の人気店も含め、絶対に外せないイチオシの4店をご紹介します!

perm_media 《画像ギャラリー》飯田橋で人気のおすすめランチ!コスパもいい4選の画像をチェック! navigate_next

はじめに

「飯田橋」というと、みなさんは何を思いつくでしょうか?!JR中央総武線(各停)、東京メトロ各線(東西線、南北線、有楽町線、大江戸線)と豊富に電車が通っていて、都内のどこに出掛けるにも“アクセスが便利な街”と言われていますよね!

そして飲食に関しては、『飯田橋サクラテラス』を始め、駅周辺にたくさんのレストランやカフェ、お店が充実しているのも特徴でしょう。

そんな「飯田橋」駅で美味しいランチが食べたい!そんなときに是非訪れて欲しいお店がm人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターがピックアップしたこちらの4店です!

飯田橋ランチの地図

まずは分かりやすく地図でお店の場所をご紹介します!

レトロカフェの本格イタリアンスパゲティ!

『Coffe&snack カウベル』 (JR飯田橋駅から4分)

昭和・平成そして令和へと3時代に渡り営業している、正統派のレトロ喫茶店!
ランチメニューは、スパゲティ、オムライス、ドライカレーなど、王道のカフェメニューが揃っています。

中でもおすすめなのが、ハム、たまねぎ、マッシュルーム、ピーマンを丁寧に炒めて、ケチャップをからめた「ナポリタン」!!
甘みとすっぱさがちょうど良いと評判の人気メニューです。コーヒーまたか紅茶とサラダが付いてなんと700円と安い!魅力たっぷりです!

▲ナポリタン(サラダ・コーヒー付き)

『Coffe&snack カウベル』
[アクセス]JR中央線「飯田橋駅」東口から徒歩4分、東京メトロ東西線「飯田橋駅」から徒歩2分 [営業時間]喫茶10時~19時、スナック19時~23時 [休]日曜日・祝日 [住所]東京都千代田区飯田橋4-5-2 T&Sビル1階 [TEL]03-3265-2564

和食人気No.1「寿司屋の海鮮丼」!

『神楽坂 鮨 りん』(JR飯田橋駅から4分)

接待におすすめの“本格江戸前鮨店”として有名なお店ですが、ランチは気軽に訪れることができます!
おすすめの「ばらちらし(1,800円)」は、ランチ時間限定のお得な逸品♪マグロ、タコ、貝など15種類もの豪華で華やかな具材が細かくカットされ、びっしりご飯のうえに敷き詰められている姿は、まさに輝く宝石のよう!うっとりしてしまいます。

▲ばらちらし

お米は新潟県南魚沼産コシヒカリというこだわり!
ランチには他に「にぎり」5,000円もありますよ。

▲店内の様子

『神楽坂 鮨 りん』
[アクセス]JR中央本線「飯田橋駅」西口から徒歩4分、東京メトロ各線「飯田橋駅」B3出口から徒歩3分 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時半~22時半(22時LO) [休]日曜日・祝日の月曜日 [住所]東京都新宿区神楽坂3-6 神楽坂三丁目テラス2階 [TEL]03-5228-4200

中華店のやみつきラーメン!

『餃子の店 おけ以』(JR飯田橋駅から3分)

野菜が入った塩味のラーメン「タンメン」!地域によって若干違いがあるものの、一度食べたらやみつきになる美味しさがありますよね。

こちら『餃子の店 おけ以』は、店名のとおり創業60年以上を誇る「餃子の名店」なのですが、あっさりしたスープのタンメンが、美味しくて、餃子との相性が完璧!と大人気なんです!!

▲タンメン

山のようにがっつり盛られたもやしなどの野菜も、旨い!!ニンニクを使っていないので、ランチ時間でもニンニクのにおいを気にせず食べられるのも嬉しいですよね!

実はこちらのお店、あのミシュランガイドでビブグルマンにも掲載されています!

▲店内の様子

『餃子の店 おけ以』
[アクセス]JR中央本線「飯田橋駅」西口から徒歩3分 [営業時間]11時半~13時50分LO、17時~20時30分LO [休]日曜日・祝日・第3月曜日 [住所]東京都千代田区富士見2-12-16 [TEL]03-3261-3930

こだわりのスパイスカレー!

『カリ〜アンドスパイスバル咖喱人』(JR飯田橋駅から5分)

「NO CURRY, NO LIFE」!インド料理にはまった店主による、絶品カレーが食べられるのがこちらのお店!
初めて訪れる人におすすめなのが「粗挽きキーマカリ~」。店主がこだわり抜いて作ったという、絶妙なスパイスのバランスが最高!!

▲粗挽きキーマカリ~

本格的なインドカレーというと、癖があるのかな?辛すぎないかな?と心配になるかもしれませんが、こちらのお店のカレーは、どれも万人受けする味わいです。ミンチ肉は粗挽きで、食べごたえあり!!

人気店なので待ち時間が発生することもありますが、絶対に並ぶ価値ありですよ!

▲店内の様子

『カリ〜アンドスパイスバル咖喱人』
[アクセス]JR中央本線「飯田橋駅」東口から徒歩5分、東京メトロ東西線「飯田橋駅」徒歩2分 [営業時間]月~金11時半~14時LO、17時半~22時、金~23時 [休]土曜日・日曜日・祝日 [住所]東京都千代田区飯田橋3-2-6 フィルパーク飯田橋1F [TEL]03-6265-6960

おわりに

飯田橋のおすすめのランチを分かりやすくご紹介しましたが、行ってみたいお店は見つかりましたか?どのお店も皆さまのご来店をお待ちしているはず!是非訪れてみてください!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
歴史の長さと遊興的な文化度の高さから、多くの文人をひきつけてきた街・浅草。著名作家が活き活きと言葉にした老舗の魅力を、令和時代の今も追いかけることができる。小説・随筆の世界にたちまちトリップできる、名店5軒の味をご紹介。
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル