MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
鮨 てつ也(寿司/池袋)|江戸前の技と旬を堪能できるコース

鮨 てつ也(寿司/池袋)|江戸前の技と旬を堪能できるコース

若き店主・中村哲也さんは、池袋東口の人気店『幸ちゃん寿司』などで修業後、北口のはずれにこの店を開いた。毎朝築地に足を運んで仕入れる天然ものを中心としたネタは、常時約20種類ほどを揃え、江戸前の丁寧な仕事を施し、訪れる客を愉しませてくれる。

鮨 てつ也(最寄駅:池袋駅)

また、寿司店としては珍しく、焼き物、煮物、蒸し物といった一品料理にも力を入れており、どれも割烹顔負けの繊細な味わいが見事! はじめてならば、旬の食材を使用したつまみと握りを盛り込んだコースがオススメだ。

雪コース
5200円の握り

マグロのヅケ、金目鯛の炙り、昆布〆した平目など。自家製のカンピョウ煮の巻物や、イクラの小丼が付く。コースの内容は日替わり

穴子
400円~700円

新鮮な穴子を、酒・塩・砂糖で煮る“白煮”で仕上げる。握る直前に笹の葉で蒸し焼きにし、爽やかな香りを堪能できる

雪コースの料理
 

前菜には鴨ロースとカボチャの南蛮煮。刺身は炙りカマス、生本マグロ、水ダコ。一品料理の湯葉のウニのせに、お椀とデザートが付く

大海老玉味噌焼き
1300円

西京味噌と卵黄で作る“玉味噌”で香ばしさとコクをプラス

お店からの一言

店主 中村哲也さん

「肩肘張らずに楽しんでいってください!」

鮨 てつ也

[住所]東京都豊島区池袋2-63-6 パレスガーデンミラノ2階 [TEL]03-5985-4201 [営業時間]17時~23時 [休日]日 [席]16席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、席料500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅北口から徒歩6分

電話番号 03-5985-4201
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
江戸前にこだわりつつも創意溢れる寿司を握り続けている親方。10年近く前に考案したのが、この寿司屋の深川飯だ。
渋谷でこの寿司屋を知っていたらきっと鼻が高いはず。代官山で40年愛された店が昨年移転。
店に入って最初に目につくのが、マグロの部位を示した黒板。そう、ここではまずマグロを味わうべし。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
245views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt